気管支炎 原因 大人 ストレス 対処

大人の気管支炎の原因「ストレス」/なぜ影響するの?対処法は?

スポンサーリンク

気管支炎と言えば、原因の9割がウイルス性のものであって、残りの1割が細菌性であるといわれています。
このほかにも、タバコやハウスダストによって起こるものもあるのです。
ただ、大人の気管支炎の場合はストレスは原因になる可能性もあるのです。

 

 

【大人のストレスが原因の気管支炎】
大人の気管支炎というのは、その原因はさまざまです。
その気管支炎のうち、多くの人が発症するのが3ヶ月以内に収まる急性型のものであり、それ以上続く場合には慢性型と分類されます。
慢性型の方は急性と比べると症例が少ないとされているのです。

 

大人の気管支炎の原因の中でもかなりの要因を占めるのが、タバコや大気汚染など、そしてストレスによるものだと言われているのです。
ちないに、ストレスが原因といっても、直接的なものではなくて、ストレスが原因で免疫力の低下が起こり、慢性疾患を招いてしまうというものなのです。

 

その他にもストレスが原因となってアレルギー反応が出て気管支炎となる可能性もあります。
ですから、普段から大人のストレスには気をつける必要があるのです。

 

スポンサーリンク

【気管支炎の特徴と対処について】
では、大人のストレスが原因の気管支炎の特徴ですが、乾いた咳が出始めて、それから徐々に湿り気のある咳に変化するというものです。
痰はほとんど出ないのですが、胸の痛み、発熱などの症状が出ることがあるのです。
こうなったときの対処法ですが、病院を受診することはもちろんのことなのですが、生活環境の見直しから行うことが大事です。
それから、仕事では無理をしないことも必要です。

 

さらに休めるときにはしっかりと休むこと、リラックスできる環境を作ることがとても大事なのです。
適切な生活習慣や適度な運動でストレス発散を心掛けましょう。

 

そして、必要であれば薬物による対処を行うことも大事です。
気管支拡張薬などは効果が高いとされています。

 

 

【まとめ】
もしもいつまで経っても症状が改善されない場合、肺炎にかかっている可能性がありますから、十分に気をつけるましょう。
大人子供に関わらず、どうしようもないと思ったときは、迷うことなく病院に行ってしかる処置を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク