気管支炎 咳止め 効かない 対処

気管支炎で咳止めが効かない場合の対処

スポンサーリンク

気管支炎の場合、病院で何かしらの治療を受けることになります。
このとき、咳止めを処方されても効かないことも実はあるのです。
では、この気管支炎の咳止めが効かない原因と対処について紹介します。

 

 

【気管支炎の咳止めが効かない理由】
病院に言ったとき、気管支炎の場合だと対処として咳止めが処方されるでしょう。
ですが、この肝心の薬が効かないというケースがあると思われます。
この薬が効かないとなった場合、もしかしたら別の病気なのではと思われるところがあります。

 

薬が効かないとなると、理由は自然とそうなるでしょうが、一概に言えたものではなくて、原因が関わっていることもあるのです。
たとえば、気管支炎と言っても、ウイルスが原因になるもの、細菌が原因になるものなど、さまざまなものがあるのです。
ですから、ウイルスが原因な気管支炎に対して、別の咳止めを処方されたとしても、効かない可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

【気管支炎の対処について】
咳止めにしても、気管支炎の症状に合わせて対処方法が変わってくるわけで、細菌性のものであれば抗生物質を使用して治療するという具合です。
気管支炎の場合、抗生物質を使うことでスムーズに治療が出来ると言います。

 

慢性の場合には、肺の中にある肺胞という気管が壊されてしまっている状態になります。
こうなると治療が出来なくなってしまいますから注意が必要です。

 

特に、ハウスダストやタバコの煙によって発症するケースが多いですから、それに対して空気清浄機などを用意することで対処が出来るはずです。
ちなみに、治療が出来ないのは細胞が壊れてしまうからで、再生が出来ないためです。
ですから、十分な注意が必要なわけです。

 

 

【まとめ】
もしも咳止めを飲んでも効かないという場合、こうした対処方法があるのです。
もしも対処方法を試してみて、改善がされないときは医療機関での相談をしましょう。
そうすることで、新たな対策が生まれる可能性も出てくるのです。

スポンサーリンク