気管支炎 肺炎 違い

気管支炎と肺炎の違い/症状は似ているの?原因は?

スポンサーリンク

気管支炎になってしまった、または肺炎になってしまったという人は 結構いると思われます。
ですが、この2つの違いについてちゃんと分かっている人は意外と少ないのではないでしょうか。
では、気管支炎と肺炎との違いとは何かについて紹介します。

 

 

【気管支炎と肺炎の違い】
さて、気管支炎と肺炎の違いはどこにあるか・・・ですが、大きな違いは感染している部位です。

 

風邪と通常言われるのは、急性上気道炎という名がついています。
呼吸器は、鼻腔、咽頭、喉頭から構成される上気道、気管、主気管支、肺から構成される下気道とに分かれているのです。
風邪というのは、この上気道に炎症が起こっている状態なのです。
そして、その下にある気管支にまで炎症が及ぶと気管支炎になります。

 

それに対して肺炎は、それより下部にある、下気道にある肺にまで細菌やウイルスの感染による炎症が起こっている状態のことを言うのです。

 

このように炎症の起こっている場所によって気管支炎なのか肺炎なのかが決まるのです。

 

スポンサーリンク

【どんな病気か】
気管支炎は、気管支にウイルスが入り込み炎症を起こします。
症状としては風邪に似たようなところがあります。
発熱も起こるのですが、3日くらいで落ち着いてきます。
原因としてはウイルス感染であることがほとんどなのですが、細菌でも感染するケースがあります。

 

気管支炎と違い、肺炎の場合は炎症がさらに奥に来ている状態ですから、呼吸にも影響が出て苦しくなってしまいます。
発熱もありますが、これは4日以上続くケースもあるとのことです。
感染がひどい場合には人工呼吸器も必要になるケースもあるのです。
肺炎の治療には抗生剤が必要ですし、2週間ほど入院が必要にもなります。

 

 

【まとめ】
気管支炎と肺炎との違い、見分け方ですが、発熱が4日以上続く、痰が止まらない、薬を飲み始めてから1週間経っても改善がされないという症状があれば肺炎を疑っても良いでしょう。
そして、そのときは速やかに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク