気管支炎 治療 期間

気管支炎の治療期間はどれくらい?/方法も解説します!

スポンサーリンク

発熱や咳など、困った症状に対して風邪だと思うこともあるでしょう。
たいしたことないと思って放置している人も多いでしょうが、もしかしたら気管支炎なのかもしれません。
風邪と似たような症状が出ますから、間違えてしまうこともあるのです。

 

 

【症状について】
気管支炎の症状については、肺の近くにある気管支が炎症を起こすという病気で、風邪と似たものがありますそして、痰や鼻水、頭痛に倦怠感、発熱などといったものがあるのです。
実際にこの2つが似ているわけですが、風邪の場合は喉や鼻の炎症、気管支炎の場合は気管支に炎症が起こっています。
そして、素人が見分けることはなかなかに難しいとされているのです。
咳が続く場合は受診することが大事です。

 

 

【発症期間について】
気管支炎は発症期間が90日未満ならば急性、それを超えた場合は慢性と診断されます。
大体はウイルスによるものですが、さまざまな要因によって起こります。

 

スポンサーリンク

【気管支炎の治療期間】
では、治療期間はどのくらいなのかということです。
急性と慢性の場合において、治療期間には違いがあります。
急性の場合だと、治療期間が10日ほどになるケースが多いです咳が続くケースはあるのですが、それでも2週間から3週間で治るケースが多いといわれているのです。
慢性の場合は治療期間は数ヶ月、または数年続くというケースがあって、再発する可能性が高いのもひとつの特徴です。

 

 

【治療法について】
治療期間とは別に、治療法については、発症した原因によって異なります。
ウイルス性の場合にはで症状を緩和させます。
慢性の場合は喘息発作を抑えるために気管支拡張薬が使われるのです。
タバコが原因の場合は禁煙を行い、水分補給もまめに行うように心がけることが大事です。

 

 

【まとめ】
気管支炎はなかなかに厄介なところがあります。
慢性でも急性でも気管支炎の治療にはそれなりの時間がかかることを理解した上で、出来る限りかからないようにすることを普段から意識して生活することが大事です。

スポンサーリンク