咳 止まらない 夜 気管支炎

「咳が止まらない」気管支炎で眠れない夜の対処法/寝れない時には?

スポンサーリンク

コンコンと続く、ゼイゼイと音がなる、ヒューヒューと音のなる夜の咳が止まらない、そんな悩みを抱えている方に読んでいただきたいです。
激しい咳で夜中に目が覚めて眠れないとき。気管支炎の疑いが強いです。

 

気管支炎のとき、まずは座る体勢になってみてください。

 

気管支炎が少し楽になるかもしれません。
それでもまだ止まらないと夜が長く感じるなら、暖かいお湯を飲んでみると楽になる場合もあります。

 

1週間以上咳が止まらない、またはあまりに息が辛いようなら、気管支炎から肺炎になっている可能性もあります。
心配なときには、すぐに夜間診療を受診されてください。
特に小さな子供の場合には悪化するスピードも速いです。

 

気管支炎が長引くと、喘息になるケースもあります。
一度喘息になると、癖になることもあるので、とても心配ですよね。
気管支炎を甘く見ないで下さい。

 

止まらない咳には要注意です。
また、百日咳やマイコプラズマ肺炎の疑いもあります。

 

受診して、薬をもらった場合、例えば病状に合った抗生物質などですが、すぐに症状が良くなるケースもあります。
レントゲンをとったり、胸の音を聞いてもらって医師の判断を仰ぎましょう。

スポンサーリンク

夜に咳が止まらないときについて、ポイントを整理します。
気管支炎の症状が疑われる場合には、まず身体をおこして、息のしやすい体勢になってみてください。

 

そして、温かいお茶を湯気をゆっくり吸い込むように飲んでください。
止まらないと悩んでいたのが、少し楽になって、眠れるかもしれません。

 

ストレスが咳を誘発する場合もあるので、ゆったりした気持ちを心がけてください。
枕を高くして横になるのもいいですね。

 

ただ、あまりに長引いてしまっている場合や、症状がひどいとき、小さな子供の場合には、夜間診療を受診したほうが良いと思います。
その場合には、マスクをして、タクシーや車で移動できるといいですね。

 

息が苦しいときには激しい運動はNGですよ。
また、台風や雨の前に発作が起こりやすいというデータもあるので、気管支炎や気管支喘息にかかりやすい方は天気も要チェックです。

 

夜眠れないというのは大変辛いことです。
今、咳で苦しんでいる方が、はやくぐっすり眠れるように祈っています。

スポンサーリンク