気管支炎 パイナップル 咳

気管支炎の咳にはパイナップルが効果あり

スポンサーリンク

気管支炎の咳にはパイナップルを食べると効果があります。
気管支炎とは、喉の奥にある気管支が細菌やウィルス、刺激物などを吸い込むことで炎症を起こしてしまう症状のことです。

 

細菌が原因であれば抗生物質で治すことができますが、ウィルスやほこり、たばこなどの喫煙によって起こることもあります。
慢性化しやすいのが特徴で、咳や痰が続くとぜんそくになることもあります。

 

気管支炎で咳の症状が出てしまったら、パイナップルを食べるとよいでしょう。
なぜなら、パイナップルには咳止めとして万能なビタミンCが含まれているからです。

 

パイナップルに含まれるビタミンCには炎症を抑制してくれる働きがあるからです。
また抗ヒスタミン作用もあるため、気管支の筋肉の緊張をゆるめて筋肉の緊張をとることができるので、のどの炎症や気管支炎に効果があるのです。

 

気管支炎だけでなく風邪などでのどが腫れていたり痛みがある場合はパイナップルを食べるのがおすすめです。

スポンサーリンク

また、パイナップルにはブロメラインという酵素が含まれています。
この酵素は、痛みと炎症を軽減する効果があります。

 

ブロメラインには、たんぱく質を分解する働きがあるため、炎症を起こして固くなっている組織を和らげる働きがあります。
特に茎の部分に多く含まれているため、捨てずに食べるのが良いです。

 

この働きは気管支炎の炎症を和らげるだけでなく、安くて固いお肉を柔らかくする作用もあるので料理にも応用することができるため知っておくとよいでしょう。

 

ただ、気を付けなければいけないのはパイナップルに含まれるビタミンCは加熱してしまうと、壊れやすくなってしまいます。
咳止めとしての効果を実感したいなら、生のまま食べるのが適しているのです。

 

缶詰やジュースなども加工する過程で、熱が加えられてしまいます。
ですから気管支炎で喉が痛い、咳が出るといった際には生のカットパインなどを買ってきて、食べるのが一番効果があるのです。

スポンサーリンク