気管支炎 はちみつ 効果

気管支炎には「はちみつ」は効果がありますか!?

スポンサーリンク

気管支炎とは主に細菌やウィルスに感染して起こります。
またインフルエンザもこの一種です。

 

症状は咳、発熱、食欲不振や全身の倦怠感があり急性のものや慢性のものがあります。
また風邪の後さらに症状が重くなって気管支炎と診断される場合もあります。

 

また2週間以上にわたって咳が出る場合、肺炎や肺がんまたは咳喘息など他の疾患の場合もあります。
原因は大気汚染や喫煙などさまざまです。

 

いずれにしても呼吸器科の病院で早めに診察を受けたほうが良いでしょう。
咳だからと市販薬ばかりに頼っても一時的な効果があってもぜんそくなどのアレルギー疾患の場合薬を継続的に続けなければ効果がありませんし一時中断をしてしまうと症状が進み重症化して治りが遅くなってしまいます。

 

気管支炎の咳の場合痰が絡んで息が苦しくなってしまう場合があります。
また寝るときにどうしても副交感神経が働くと気道は狭くなるのです。

 

気道が狭くなると刺激を受けやすくなりそのため咳が出やすくなってしまうのです。
そのとき咳を止める効果があるのがはちみつなのです。

スポンサーリンク

気管支炎で痛めたのどの痛みを和らげるにははちみつは効果があります。
はちみつには殺菌作用があります。

 

またのどを刺激しないためには温めて飲みましょう。
ショウガ紅茶とはちみつで体を温める効果が期待できます。

 

あと小さいお子さんにははちみつはよくありませんからひかえてください。
はちみつにはボツリヌス菌があり小さいお子さんには不向きなのです。

 

この場合は大根をすったもので応用してください。
また仰向けになって寝ると咳が止まりにくくなります。

 

この場合マスクをして横向きになって寝ましょう。
のどを潤すのに効果的です。
加湿器などで湿度を60%ほどになるようにしてもいいですし、湿ったタオルでも代用できます。

 

また気管支炎が治っても咳が止まらないというひとは咳喘息、肺炎、肺がんなどの他の疾患も考えられます。
慢性の気管支炎の場合、原因が喫煙、受動喫煙、また大気汚染などが関連している場合があります。

 

タバコなどが原因の場合は禁煙外来などを行いなるべく原因を取り除いたほうが賢明です。
発熱がおさまり2週間以上の咳が続いた場合気管支炎以外の症状が疑われますので気管支炎が治っても通院して診療してみてもらってください。

スポンサーリンク