気管支炎 咳 止め方 対策

気管支炎による咳の止め方!オススメの対策を紹介

スポンサーリンク

気管支炎という症状が出た時にどの様に対処したら良いのでしょうか。
咳やその他の症状の止め方や対策について考えてみましょう。

 

まずは気管支炎が起きる原因と症状を見ていきましょう。
気管支炎が起こりやすいとされる原因は風邪やアレルギーといったものが多いです。
他にもインフルエンザやその他のウイルスが原因で起きる事もあります。

 

症状は一般的に咳が長く続いたり、痰がよくからんだり、息苦しいといった症状が多く見られます。
熱や吐き気が出た場合には風邪など他の原因と合わさっている場合が多いです。

 

症状が起きるメカニズムは気管支が細菌で炎症を起こす事で気道が細くなったり、アレルギーや細菌から自分の体を自分で守るために気道が細くなったり、吸い込む酸素に対して敏感になる事で症状がでます。
咳や息苦しさが長く続く場合には注意が必要です。

 

これ等の症状の止め方や対策を考える上で重要になってくるポイントは自分が何が原因で気管支炎になっているかを知る事です。
気管支炎は性質上どうしても自然には治りにくいです。

 

なので結論から言いますと一番の治療方法は病院に行く事です。
では病院に行く必要性と自身の症状の原因を知る意味を踏まえて、具体的な症状の止め方や対策を考えていきましょう。

スポンサーリンク

気管支炎による症状の止め方と対策を考える上で必要な事は自分が何が原因で症状が起きているかという点です。
風邪が原因で起きている場合はウイルスを完全に殺す必要があります。

 

そのためには抗生物質や抗ウイルス剤などを服用しなくてはなりません。
放っておくと良く無い理由は気管支炎が肺炎になる可能性があるからです。

 

なので風邪をひいたり、咳が長く続く場合は病院に行きましょう。
次にアレルギーや喘息を持っている方ですと風邪をひく事でアレルギーの症状がでるという方は割と多いです。

 

この様な場合の咳や息苦しさの止め方は気管支の炎症を抑えるお薬や、気管支を拡張するお薬が必要となってきます。
喘息やアレルギーといった症状は放っておいても自然には治りにくいです。

 

アレルギーを持っている方はかかりつけの病院や、内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科に行きましょう。
風邪であれアレルギーであれまずは内科に行く事で自身の気管支炎の原因を知りそれに合った治療ができます。

 

内科で治療が難しいと判断される様な症状ならば内科医から指示があるはずです。
予防として体調を崩さない様に普段からできる対策は季節の変わり目は着る物に注意したり、空気が乾燥する時期はマスクや加湿器を使う事が大きな対策となります。

 

しかし気をつけていても体調を崩す時は崩すので、咳が続く場合速やかに病院に行きましょう。
症状の止め方は自分の症状に適したお薬を処方して貰う事です。

スポンサーリンク