気管支炎 咳止め 市販

気管支炎は市販の咳止めでも効果はある!?

スポンサーリンク

気管支炎になってしまうと非常に息苦しくなって辛い症状に見舞われます。
気管支炎といっても種類があります。

 

それは急性の気管支炎と慢性の気管支炎です。
急性で起こるタイプはウィルスによるものです。
このような場合には菌の繁殖をなるべく少なくする環境を作り安静を保って炎症を抑えること大切になってきます。

 

そのための市販薬も多く発売されています。
一般的に咳止めといわれている薬です。

 

種類は様々ですが基本的に市販薬でもある程度の効果は期待出来ます。
慢性の場合でも市販薬は効果を発揮します。

 

基本的に気管支に炎症が起こっている症状は同じなので炎症を抑える作用のある咳止めの市販薬は効果を発揮します。
生薬配合の漢方成分の含まれたものや気管支の汚れを取り除く作用のあるものまで様々販売されています。

 

それぞれに特徴が合って効果も違ってきます。
よく分からない場合には薬剤師に確認をしてから内容を把握して購入することが必要になってきます。

スポンサーリンク

気管支炎はそれ自体が非常に辛いものですが、一番辛いのは長く続く咳になります。
それを抑えるだけでも非常に楽に過ごすことができます。

 

もちろん病院に行って処方してもらうことが一番ですが症状がある程度収まってくると、何度も病院に行って処方を受けるということも出来ない場合も出てきます。
そういう時に市販の咳止めは非常に力を発揮することになります。

 

最近は市販の薬とはいっても非常に効き目のあるものが増えています。
市販薬だから効かないともいえなくなっています。

 

常に咳止めを持っておくことでいざという時に安心であるということもあります。
何か症状が出てしまった時にこの咳止めは自分に合うというものがあれば非常に安心です。

 

市販薬を使用しているときでもマスクを着用するようにしましょう。
マスクをしていると喉の乾燥を防ぎ、湿度を一定に保つ効果を期待できます。
ウイルスをまき散らさないようにする効果もありますので一石二鳥です。

 

どうしても気管支が弱い人は症状が度々やってくることがあるからです。
しかしセルフチェックによって自己判断で薬を使用するのは危険となる場合もありますので薬剤師や医師に相談してから購入するようにしましょう。
用法用量を守って服用するにしてください。

スポンサーリンク