気管支炎 吸入器 市販

気管支炎は市販の吸入器が効く?

スポンサーリンク

気管支炎とは、気管支が炎症をおこし咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。

 

急性に起きる気管支炎はウイルスやマイコプラズマなどによる感染症が大半です。
また、慢性の気管支炎は数週間〜数か月の間、咳や痰などの症状が続く場合をいいます。

 

急性気管支炎の診断は、発熱などの症状がある場合肺炎を合併している可能性があるので、胸部のX線や胸部CT検査をして胸の内部を調べます。
原因菌の多くがウイルスであるため病原体に効く治療薬がないため、安静に過ごしながら水分や栄養を十分に補給することで治していきます。

 

痰を効果的に出すために去痰剤が処方されたり、細菌感染を防ぐために抗菌剤が使用されたりすることもあります。
通常は、発症後3週間に満たない場合を急性気管支炎と定義しています。

 

気管支炎は乾いた咳がひどく、特に睡眠が防げられる場合は咳止め薬を使用して緩和することができます。
また、市販で家庭用の吸入器が最近では使用されていることも増えています。

スポンサーリンク

しかし通常は大量の痰が絡んでいた場合は出すようにした方が良いとされているため、症状が悪化してしまう前に病院で治療することをお勧めします。
市販の吸入器のメリットは、持ち運びができたり、お手軽な値段で購入できる点です。

 

薬を飲まずに症状を抑えたい方や、花粉などでお悩みの方の多くが市販の吸入器を購入されています。
近年では、医療機器メーカーが市販で吸入器を販売していて、安心感や使いやすさが重視されています。

 

また、小児喘息をお持ちのお子様がいる家庭でも市販の吸入器が活躍しているそうです。
大人も子供も自宅で治療でき、夜中などに症状が悪化しても市販の吸入器があれば少しでも症状が抑えられる安心があります。

 

気管支炎の症状が出る原因として、花火の煙やたばこ、最近ではPM2.5なども原因の一つと考えられています。
症状が悪化しないためにも日々水分をとる、空気の悪いところはできるだけ避ける、マスクをするなどをして個人が気を付けることも大切です。

スポンサーリンク