気管支炎 薬 抗生物質 種類

気管支炎の薬「抗生物質」の種類とは!?効かないってホント?

スポンサーリンク

気管支炎は成人から小児まで幅広い年齢層で発症する病気ですが、医療機関で処方される薬にはどのような物があるのかという点と抗生物質は効果があるのかという点などを説明していこうと思います。

 

気管支炎の基本的な治療方法は対症療法になります。
つまり咳がひどい場合には咳を止める効果が期待できる薬や痰がひどい場合には去痰剤を利用したります。

 

成人だけでなく小児に多いのが気管が細い為に苦しくなるので、気管を広げる効果のある気管支拡張剤などが処方されます。
従って対象療法と言っても数種類の薬が処方される事になりますが、この中には抗生物質はない事が多くなっています。

 

特に小児の場合にはむやみに抗生物質を使う事は好ましいとは言えないので、日頃から使用を控えめにしている傾向がありますが、気管支炎の場合には基本的に抗生物質を処方してもあまり効果が望めないのが現状なので、リスクを考えて使用はしていないケースが多くなっています。

 

確かに例外でマイコプラズマなどの感染症の場合には有効な抗生物質がありますので利用する事もありますが、基本的には数種類の薬による対症療法になります。

スポンサーリンク

気管支炎の場合には抗生物質よりも理想で言えば、抗ウイルス剤が最も適していると言えますが、実際に気管支炎に利用している薬は何種類かありますが、抗ウイルス剤は現時点ではあまり効果が期待できませんので使用される事は基本的にありません。

 

インフルエンザのような場合には抗ウイルス剤によってウイルスの増加を防ぐような効果が期待できるので利用価値はありますが、気管支炎で利用している薬の中には何種類もある薬の中でも効果的な物はないのが現状になります。

 

従って、主力になるのは、去痰剤や気管支拡張剤などを処方されますが、場合によっては整腸剤などで数種類の薬を飲む事で胃が荒れる事を予防する効果が期待できる種類の処方も考えられます。

 

一般的に気管支炎の場合には、その時の症状によって対症方法も若干異なりますし、年齢や日頃の気管支の状態などによっても、治療内容は異なってきます。

 

しかしながら特定の感染症の場合は抗生物質の利用も検討されますが、原則的に対症療法によって、経過を観る事が多くなっています。

スポンサーリンク