気管支炎 治療期間 大人

大人の気管支炎!治療期間はどのくらい?

スポンサーリンク

気管支炎とは呼吸器の粘膜がウィルに感染して、炎症を起こして咳が出る症状です。
気管支は気管から枝状につながり、上気道の肺胞と気管をつなぐ部分で、気管支からさらに進んで枝別れした部分を細気管支といいます。

 

正常な気管支は気道が広く空気が通りやすいのが特徴ですが、長期間の喘息が続くとさらに気道が狭くなって息切れや歩行困難などの症状がおきます。
気管支炎の発症の原因は様々ですが一番は遺伝の要因があげられます。

 

子供では男児に多く、大人の発症では女性に多いのが特徴です。
そしてアレルゲンやダニ、花粉などの環境や喫煙や自動車、大気汚染などの排気ガスも大人になっての発症率が高くなっています。
季節の変わり目などは特に咳が出やすくなります。

 

また肺炎や喘息と症状が似ていますが、咳や痰が長期間に及ぶ場合、肺炎の可能性もあるので咳が長引くようなら医師の診察を受けましょう。
気管支炎は大人でも一度発症してしまうと、咳をすることで非常に体力を消耗し、完治するまでの治療期間がとても長い病気です。

スポンサーリンク

気管支炎の治療は気管支拡張薬などによる吸入ステロイドや薬物療法が基本で、子供と大人では配合剤や治療期間が変わってきます。
基本的には呼吸機能を楽にするため、呼吸訓練や症状が重い場合は酸素療法などを用いた治療を行います。

 

大人の気管支炎の治療期間は、子供に比べ薬が効きにくく長引きます。
夜になると気温が下がって咳がひどくなる傾向があります。
また咳以外に目立った症状があらわれにくく一度起こると進行が速いのも気管支炎の特徴です。

 

大人では男性の喫煙や飲酒などの習慣も、肺への空気の流れが悪くなり気管支を悪化させセる要因です。

 

種類によっても治療期間が異なりますが初期のうちに診断されれば治療期間は1週間で完治します。
早期発見のためには特定検診などの機会を積極的に利用しましょう。

 

慢性の場合の治療期間は3か月以上と長く、この病気の根治は難しいといわれていますが、禁煙や部屋の掃除、喫煙や汚れた場所は避けるなど生活習慣の改善で予防することが可能です。

スポンサーリンク