気管支炎 症状 息苦しい

気管支炎の症状で「息苦しい」原因は?/対処法はどうすればいいの?

スポンサーリンク

気管支炎について息苦しい症状を踏まえて対策を考えていきましょう。
気管支炎が起きる原因には様々な例があります。

 

また症状についても違いがありますので治療する上で必要な事は自分が何が原因でどの様な状態にあるかを知る事です。
では具体的に原因や症状の例について見ていきましょう。

 

気管支炎が起きる原因は風邪やアレルギー、インフルエンザ、その他の細菌といったものがあります。
特に多い例は風邪とアレルギーです。

 

風邪をひいてから暫く経つのに咳が続く、痰がよくからむ、息苦しいという時には気管支炎が起きている可能性があります。
風邪の菌がまだ生きていたりすると気管支がウィルスから身を守るために炎症を起こして症状がでたりします。

 

また風邪が治っても気管支が過剰に反応している状態が続いて咳や息苦しい状態が続くというケースもあります。
アレルギーなどを持っている方には多いパターンです。

 

普段から喘息やアレルギーなどを持っている方ですと風邪と同時に喘息になるという事は少なくありません。
喘息の症状は気管支炎と同様に息苦しいもので気管支喘息と呼ばれ基本的には症状は同じです。

 

風邪が治っても気管支がアレルギー反応を起こし敏感な状態になっているため気道が細くなり咳や痰、息苦しいなどの症状が続きます。
では具体的にどの様にしたら良いかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

気管支炎は性質上放っておいても中々治りにくいです。
一番大切な事は咳が長く続いたり、息苦しい症状が長く続く場合は速やかに病院に行く事です。

 

基本的には内科で大丈夫です。
人によっては呼吸器科や耳鼻咽喉科などの場合もありますが先ずは内科やかかりつけの病院に行く事が確かです。

 

気管支炎は気管支が空気と一緒に吸い込むゴミや菌などに過剰反応している状態ですので、過剰反応を抑えるためにはお薬を処方して貰う必要があります。
その上で風邪が治ってない事が原因なのか、アレルギーやその他の事が原因なのかで治療方法が多少異なるので医師の判断は必須です。

 

風邪であるならば抗生物質などを用いて風邪を完全に治さなければなりません。
アレルギーの場合ですと気管支の炎症を抑えるお薬、気管支を拡張するお薬、痰を出しやすくするお薬などを用いて治療していきます。

 

個人差はあるでしょうがお薬を使えば日に日に楽になりますし、確実な治療である事は確かです。
気管支炎は風邪やアレルギーが原因となる事が多いのですが、風邪やアレルギーは季節の変わり目、特に秋から冬にかけて気温が急激に下がり湿度が低くなる時期に起こりやすいです。

 

季節の変わり目はできるだけ温かい服装をしたりマスクや加湿器を使う事で予防ができます。
予防しても体調を崩した時はできるだけ早く病院に行きましょう。

スポンサーリンク