気管支炎 熱 上がったり 下がったり 原因

気管支炎で熱が上がったり下がったりする原因/対処法はどうする?

スポンサーリンク

気管支炎はその名の通り気管支の周りに炎症が起きてしまう症状をいいます。
慢性的なものと急性的なものがあり急性的な気管支炎はウィルスや菌によるものがほとんどだといわれています。

 

実際に気管支炎になると微熱や高熱がでることがあります。
風邪の区別がつきにくく気付くのに時間がかかってしまうことも多く症状が出ても風邪だとそのままにしてしまうことが多いといえます。

 

しかし気管支炎になって長くそのままにしておくと少し熱が下がったりすることがあっても、また熱が上がったり一貫性のないことがあります。
それは熱を押して仕事をしたりすると起こることが多いようです。

 

熱が時によって上がったり下がったりするのには原因があります。
その原因とは体の体温のもともとのサイクルと関係しています。

 

朝は比較的低いのが一般的です。
そして夕方から夜にかけてが体温の上がる時間になります。

 

そのために朝に熱が下がったりしていると無理をして仕事をしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

気管支炎の場合には完全に治しておかないと、また体温が上がってくるということもあります。
そうなってくると結局、また安静にしておかなければいけないということになってしまいます。

 

そうならない為には十分な栄養を摂って気管支炎をしっかり治すための休養をとる必要があります。
基本的に夜が一番体温が上がったり下がったりすることが多い時間帯です。

 

しっかりと数日様子を見て朝に下がったりしても様子を見て夜に正常な体温になっているか確認することが大切になってきます。
とにかく気管支炎の場合にはが上がったり下がったりすることがあるということを知っておくことも大切になってきます。

 

どうしても体温が高い状態が続いてしまうと体力が奪われていきます。
体力不足になってしまって気管支炎を撃退する前に参ってしまわないようにしっかりと原因を突き止めて自分で対応をすることが大切になってきます。

 

そのようにしてしっかり対策をしていても体温が上がったりすることがあります。
その場合には別の原因も考えて行くことが必要になってきます。

 

医師にしっかりと症状を伝えて原因を探ることが重要です。
体温が上がったりする原因は一つでない場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク