気管支炎 熱 大人 症状

気管支炎の症状で大人は熱が出る原因/対処方法はあるの?

スポンサーリンク

風邪の症状が長引いているなと感じたら、それはもしかして気管支炎かもしれません。
風邪というのは個人差はありますが、基本的には一週間もあれば治ります。

 

少なくとも発症してから一週間もすれば、その症状は快方に向かっているものです。
それなのに咳や痰、発熱などが続いているようなら風邪以外の病気を疑わなければなりません。
その一つが気管支炎なのです。

 

気管支炎は気管から枝分かれした気管支に、細菌やウイルスが感染することで起きます。
原因にはいくつかありますが、風邪やインフルエンザに罹った際に併発することが多いです。

 

子供から大人まで罹る病気ですが、小さな子供の場合には重症化する危険も高いので注意が必要です。
また大人の場合には、慢性的な気管支炎を発症している場合も多く、特に喫煙の習慣がある大人は注意が必要です。

 

喫煙によって気管支を含めて気管や肺がダメージを受けることで、気管支炎を発症しやすくなるのです。
他にも気管支腺の肥大も影響しているとされていますが、大人の中でも中年以上の男性が罹りやすいとされています。

スポンサーリンク

気管支炎の症状は咳や痰に発熱や倦怠感など風邪と似た症状ですが、場合によっては高熱が出ることもあります。
さらに炎症が重症化すると、高熱が数日間続く事もあります。

 

気管支炎の治療は、基本的には対症療法です。
そのため高熱がある場合には解熱剤などを用いる方法がとられます。
熱が出ると汗をかくので水分補給をしっかりとして、安静にする必要があります。

 

大人の場合は自分で対処できますが、子供の場合には症状などを自分から示すのが難しいので周りの大人がしっかりと確認して対処しましょう。
ただ子供の場合には薬によっては副作用の危険があるので、医師に処方された薬を使うようにしてください。

 

気管支炎は油断すると肺炎など他の疾病へと移行する可能性があります。
症状があまり重くなくても、治るまでは安静にしていましょう。

 

また何よりも重要なのはならないことであり、そのためには風邪予防をしっかりと行う事です。
うがい手洗いは当然として、体調面を整えるようにすることです。
それでも風邪をひいてしまったら、たかが風邪と侮らないで体を休めるように努力してください。

スポンサーリンク