気管支炎 病院 何科

気管支炎は病院の何科を受診すれば良いの?/咳が止まらないときは?

スポンサーリンク

気管支炎という症状が出た時に病院の何科に行けばいいのでしょうか。
症状や原因、治療方法を知る事で自分が何科に行くべきかを考えてみましょう。

 

気管支炎の症状は主に咳が頻繁に続いたり、気道が炎症を起こし細くなる事で息苦しくなったり、痰がからんだりという事が多いです。
気管支炎になる原因で多いとされるケースは風邪やアレルギーが多いです。

 

風邪と同時に気管支炎が起きる事もあるのですが、風邪をこじらせて風邪の治りかけに起きるケースも多い様です。
風邪をひいてから時間が長く経つのにいつまでも咳が続く場合は注意が必要です。

 

また、喘息などアレルギーを持つ方ですと風邪と同時に喘息などのアレルギーの症状が出る事は多いです。
その場合は気管支喘息という名称で診断される場合が多いのですが基本的な症状や治療方法はある程度同じです。

 

注意すべき点は自分が何が原因で気管支炎になっているかを知る事です。
そのためにも病院に行く事が非常に重要になります。

 

気管支炎は放っておいても中々自然には治りませんのでお薬が必要となります。
では病院の何科に行けばいいのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

気管支炎は病院の何科に行けばいいのかを判断するには自身の状態を詳しく知る必要があるのですが基本的には内科に行く事で解決しますし、同時に自身の状態がわかります。
状態によっては内科医から違う科を紹介される事もあるのでまずは内科に行きましょう。

 

原因が風邪である場合ですとウイルスが完全に死んでいない事で気道がウイルスなどに敏感になり気管支が炎症を起こした状態になっています。
その場合はまず風邪を完全に治さなくてはなりませんので抗生物質などが必要になります。

 

気管支炎を放っておくと良く無いというのはウイルスが原因で肺炎になるケースもあるからです。
そのためにも病院に早めに行く事が重要になります。

 

しかし、内科に行ったのにも関わらずいつまでも調子が良くならないという場合は何科に行けばいいのかと困惑される方もおられるかもしれません。
その場合は呼吸器科か耳鼻咽喉科に行きましょう。

 

気管支の症状は呼吸器科がスペシャリストです。
また、普段からアレルギーを持っていて喘息の症状がでる方ですと耳鼻咽喉科でも対処して頂けます。
風邪をひいたと感じたらできるだけ速やかに病院に行きましょう。

 

何科か迷った場合には内科に行きましょう。
仮に内科の範疇で無ければ内科のお医者様から案内があると思います。
内科の薬を飲んでもいつまでも調子が悪い場合は呼吸器科や耳鼻咽喉科に相談だけでもいいので行ってみましょう。

スポンサーリンク