気管支炎 放置 肺炎

気管支炎を放置するとと肺炎になる可能性がある!?

スポンサーリンク

気管支炎という症状があります。
気管支の炎症であるこの症状を放置しておくと肺炎になってしまう可能性があります。

 

何が原因で肺炎になってしまうのかを気管支炎の原因と症状を踏まえながら考えていきましょう。
気管支炎が起きるとされる原因は主に風邪やアレルギーといったものが多いです。

 

他にもインフルエンザやその他のウイルスなどが原因となる事もあります。
症状は咳や息苦しい症状、痰がよくからむといったものが多いです。

 

熱や吐き気が起きている場合は風邪などのウイルス、もしくは気管支炎を放置した事で起きた肺炎などの症状である可能性があります。
気管支炎のメカニズムは風邪のウイルスが原因となって気管支に炎症をおこさせたり、菌やアレルギーなどから体を守るために気管支が敏感になり気道が細くなる事で起きるとされています。

 

喘息などアレルギーを持っている方ですと気管支喘息という名称で診断をされる場合があります。
気管支喘息はアレルギー反応で気管支が過剰な反応をして喘息など息苦しい症状がでている状態です。

 

気管支が炎症を起こしたり、アレルギー反応で気道が細くなった場合は放置しても治りにくいです。
では具体的に気管支炎を放置するとどうして肺炎が起きるのかを考えていきましょう。

スポンサーリンク

気管支炎を放置する事で肺炎が起きるとされる原因は風邪などの細菌が気管支を通過して肺に到達してしまう事が原因です。

 

つまり風邪やウイルスの菌を放置しているという状態が良く無いという事です。

 

アレルギー性の気管支喘息なども同じですが、治療にはお薬の服用が重要となってきます。
風邪の菌を完全に消すために抗生物質を用いたり、気管支の炎症を抑えたり拡張するお薬で治療をします。

 

肺炎になってしまいますと酷いと入院という事もありますので風邪の段階で治療する事はとても大切な事です。
風邪をひいて暫く経っても咳が続く場合は注意が必要です。

 

気管支炎はお薬を服用するとしないでは回復の早さが全く違います。
お薬を飲んでいれば治りも早いですし、治る過程の症状を緩和する事もできます。

 

また普段から季節の変わり目や空気の乾燥する時期は風邪をひきやすくなるのでマスクや加湿器を使う事で予防を心がける事も大切です。
予防も意識しながら体調が悪いと感じたら無理はしないでできるだけ早く病院に行きましょう。

スポンサーリンク