気管支炎 薬 効かない 原因

気管支炎で薬が効かない時の原因とは?/治療法が間違っているかも?

スポンサーリンク

気管支炎は気管支の中に炎症が起きて咳などが出る病気の総称となり慢性と急性に分けられます。
急性の場合、原因の多くはインフルエンザウイルスRSウイルス、アデノウイルスなどのウイルス感染となります。

 

ウイルスの場合、インフルエンザウイルス以外はお薬が効かないため温かくして安静を保ち、十分に栄養を摂って症状を緩和させる対症療法を行います。
そのため咳が強い場合は鎮咳薬、痰が絡む場合は去痰薬が処方されます。

 

普段からタバコを吸う人が気管支炎と診断された場合、細菌が原因となる割合が高くなります。
さらにマイコプラズマやクラミジアは若い人の急性気管支炎の原因となる事が多い細菌として挙げられます。

 

そのため細菌感染が考えられる場合や細菌による二次感染を防ぐために抗生物質を処方するケースもあります。
この際、セフェム系やマクロライド系のお薬がよく使用されます。
しかし、抗生物質は細菌によって効くものや効かないものがあります。

 

そのため効かないと感じた場合は同じものを飲み続けるのではなく種類を替えることで効果が現れることがあります。
もし同じ抗生剤を漫然と投与され効かないと感じているのであれば違う病院で受診するのも1つの手段といえます。

スポンサーリンク

お薬が効かない状態が続き気管支炎が慢性に移行してしまうこともあります。
そのような場合の治療は根気が必要となります。
とはいっても予後が悪いことは無く命に関わるようなことは殆どありません。

 

ではどのようなケースで薬が効かないで慢性化してしまうのでしょうか。

 

1つはウイルスが原因で引き起こされていた気管支炎が二次感染を起してしまったケースです。
その際、二次感染を起した原因菌に対する抗生物質が処方されていなかったり耐性を獲得している事も考えられます。
そうなるとなかなか治らずに慢性化してしまうことがあります。

 

次にウイルスではなく喫煙や受動喫煙などの生活習慣や家庭や職場における刺激物質や大気汚染など環境が原因となっているケースです。
慢性気管支炎の原因としてはこのケースが多くなっています。

 

このような場合はお薬で症状を緩和できても元から治療することはできません。
そのため禁煙をしたりマスクをしたりして要因を遮断するなど環境を整える工夫が必要となります。

スポンサーリンク