子供 気管支炎 保育園 通園 登校

子供の気管支炎は保育園に通園出来るのはいつから??

スポンサーリンク

子供がコンコン咳をしていて心配していると、徐々に痰の絡まった咳や発熱などの症状が出てくることは珍しくありません。
原因は、風邪やインフルエンザ、マイコプラズマなど、ほとんどがウイルス感染によるものです。

 

ウイルスにもよりますが、大人の場合は自分で市販の薬を飲んだり安静にしていれば比較的早く治るものもあります。
ただ、注意すべきなのが子供は、ただの風邪だと思っていたら気管支炎になっていることが少なくないことです。

 

気管支炎とは、気管支粘膜に炎症が起こるものです。
その為、早めに病院を受診した方が良いでしょう。

 

病院では、インフルエンザは抗インフルエンザ薬がありますが、それ以外で気管支炎になっている場合は対症療法が基本となり、咳止めや痰きり、気管支拡張薬や抗生物質などの薬が処方されます。

 

子供やお年寄りは、重症化すると気管支炎だけでなく、肺炎になりやすいので注意してあげることが大切です。
診断は、聴診や必要に応じて胸のレントゲンが必要です。

スポンサーリンク

子供は気管が大人よりもまだ未熟なので、ウイルス感染などで気管支に炎症を起こすと内腔がせまくなり、呼吸がしにくくなる場合もあるのを知っておくと良いでしょう。

 

特に夜になり、副交感神経が優位になると咳は余計に出やすくなるようですが、子供が横になって寝ると鼻水が喉に落ちて刺激になることで咳が止まらないということもあります。

 

その為、子供は起きると昼間はわりと元気に見えることもあり、普段保育園に預けてお仕事をされているお母様では、いつから保育園に通園できるのだろうかと感じる方も多いです。
できたら保育園に通園させたいけれど、保育園で咳がひどいと可哀想だという気持ちもあるかもしれません。

 

子供の急性気管支炎は、ウイルスによるものが多く、ウイルスの種類によっては通園を数日間制限される場合もあります。
その為、原因となるウイルスによっては、医師と相談して通園できる時期を決めた方が良いでしょう。

 

子供の気管支炎は様子をみていると急に悪化することもあります。
保育園に焦って通園させるよりも、早めに病院で適切な治療を受けることが必要です。
そうすることで保育園に通園できる目安もつくかもしれません。

スポンサーリンク