結核で起こる咳の頻度と特徴とは

結核で起こる咳の頻度と特徴とは

スポンサーリンク

 

結核の症状で多く見られるのが咳です。
一般的な風邪でも似たような症状が出てしまうので混同されがちですが、結核と判断することができる咳の頻度と特徴を理解しておくことで、正しい症状の判断をすることができます。

 

 

【2週間から3週間かけてせきが出ます】

結核のせきの特徴として一般的な風邪よりも長く出る特徴があります。
頻度としては2週間から3週間しつこい咳が出ます。
特徴としてゴホゴホと湿った感じの咳が出ます。
普段の風邪のときに出るせきの症状とは異なることがあります。
また風邪とは違って鼻水や頭痛がありません。
さらに血が混ざっている痰が出る可能性があります。
痰に血が混ざっている咳が出ると結核の可能性があり、その痰が長い頻度で出るようであれば風邪ではないと判断して、早い段階で病院に行くようにしましょう。
自分で判断して市販薬を買って飲んでも結核の病気は治りません。
自分で判断しないですぐに病院に行くようにしましょう。
そうすることで正しい検査をしてその結果で診察をして治療をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

【そのまま放置をしていると悪化します】

 

結核は風邪の症状とよく似ていますが、そのまま放置していると症状が悪化してしまって、胸の痛み、呼吸困難などの症状が出てしまうので、そうならないためにも咳が出る段階でどのくらいの頻度かを判断するようにしましょう。

 

 

あまりにも症状が治らない場合はすぐに病院に行って結核の検査を受けるようにしてください。
せきというのはあらゆる病気の可能性があります。
咳の頻度によって特徴が異なるので、症状も異なってきます。

 

 

様々な症状が出る病気だからこそそのサインにすぐに気付くようにしてください。
頻度や特徴が一般的な風邪とは異なる咳をしたら、もしかしたら結核になってしまっている可能性があります。
何もかも風邪だと思わないで、咳の頻度やいつもとは違った特徴がある場合は風邪ではなくて結核かもしれないと判断をして、すぐに病院に行って診察や検査をしてもらうようにしてください。

 

スポンサーリンク