結核の検査の方法と費用

結核の検査の方法と費用

スポンサーリンク

 

結核かもしれないと思ったら的確な検査をしなければいけません。
どのような方法あるかを理解しておくようにしてください。
そして費用がどのくらいになるかを理解しながら、的確な結核の検査の方法で診断しながら、自分が支払える費用の範囲内で診断してもらうようにしてください。

 

 

【感染しているかを調べるには】

 

結核に感染しているかもしれないと思ったらツベルクリン反応を見たり、インターフェロンガンマ遊離試験をする検査方法があります。
ツベルクリンという皮内注射して、48時間後に判定しますが、結核に感染していると皮膚が赤く反応してしまいます。

 

 

インターフェロンガンマ遊離試験という血液検査の方法で結核に感染しているかを判断することもできます。
それぞれの方法で費用は異なりますので、自分が受けたいと思う病院や施設がどれくらいの費用で、ツベルクリン反応を見たり、インターフェロンガンマ遊離試験をしてくれるかを事前に確認してください。
そうすることで予算の範囲内で感染していないか調べることができます。

 

スポンサーリンク

 

【発病しているかを調べるには】

 

既に結核の症状が発病してるかもしれないと思ったら、レントゲン撮影とたんに菌が混ざってるかどうかの検査方法があります。
まずは胸部X線撮影を行います。
その結果疑わしい影がある場合はさらにCTスキャンなどして症状が出ているかを判断します。

 

 

喀痰検査はたんの中に結核菌が排菌しているかどうかを調べます。
様々な方法で菌があるかどうかをチェックしますが、菌は繁殖するのが遅いと言われているので、検査をするのに時間がかかってしまう欠点があります。

 

 

発病しているかを調べるときもどれくらいの費用がかかるかを事前に確認しておくようにしてください。
それぞれの病院や施設によって費用が異なる可能性があります。

 

 

このように結核の検査は大きくわけて2種類あり、それぞれ方法が異なりますし、費用も変わってきます。
それぞれの病院や自治体で行われる健康診断によって結核の検査方法や費用が変わってきますので、自分が受けたいと思う病院や施設ではどのようになっているかを事前に確認するようにしてください。

 

スポンサーリンク