お風呂上がりに起きる喘息発作の対処方法

お風呂上がりに起きる喘息発作の対処方法

スポンサーリンク

 

喘息の発作はお風呂上がりに起りやすい?とよく聞きます。
実際に小児喘息のお子さんをお持ちの保護者の方も、確かに入浴後、調子が悪くなることがあるなと実感されているようですが、発作の要因や対処方法も知っておきましょう。

 

 

【喘息がお風呂上がりに多いといわれるのはなぜ?】

 

喘息を持ちの方でお風呂上がりによく発作が起こるという方も多いと聞きます。
これはお風呂の中と外で温度が違うため、お風呂上がりに起きやすいといわれているのです。

 

 

喘息の発作は気温が変わる事で起りやすくなりますが、一般的に気温が3°位さがると置きやすくなるといわれています。
お風呂上がりに症状が起るという人は、寒い時期はお風呂のお湯をぬるめにして上がった時の温度差をなくすなど対処が必要です。

 

 

【お風呂に入る事で炎症反応が促進される】

 

気管支の炎症で起るのが喘息の発作です。
そのためお風呂についても対処方法を考えておくことが重要です。
お風呂に入ると身体が暖まり血液の流れが促進されるため、炎症反応が促進されてしまいます。

 

 

こうした疾患をお持ちの方は体が冷えやすい人なので、お風呂に入って人と同じくらいの体温になっても体が異常だと勘違いし発作が出てくることもあるようです。

 

スポンサーリンク

 

【お風呂上がりの症状に対処する方法とは】

 

お風呂上がりに起る喘息の症状を対処する方法としては、体温をあげすぎないこと、つまりお湯につかりすぎないことや、バスルームの温度と脱衣所、部屋の温度を同じくらいにして、気温差を作らないなどの対処方法を考えることができます。

 

 

体温が元々低い人は冬場など、体が冷えないように、少しでも体を暖かくするように努めることも対処方法となります。

 

 

【温度差がストレスとなる事が多い】

 

刺激、体に対するストレスで症状が起る方も少なくないので、お風呂上がりに冷たい飲み物を一気に飲んだりすることも刺激となる可能性があります。

 

 

できれば常温の飲み物を飲むようにし、日頃から手足なども冷えないように工夫しておくことが必要です。

 

 

入浴後の喘息発作、その原因と対処方法を理解していれば、入浴を怖がる必要もなくなります。
入浴方法や注意点を知り喘息を持っていても安心して入浴できるようにすることで入浴後の発作を少なくできると思います。

 

スポンサーリンク