小児喘息のパルミコートという薬の効果と副作用

小児喘息のパルミコートという薬の効果と副作用

スポンサーリンク

 

小児喘息ではパルミコートというお薬が処方されることがあります。
これは吸入タイプですが、ステロイドなので副作用があるのではないかと心配される方も多いようです。
効果と副作用の両方を理解しましょう。

 

 

【ステロイド吸入薬のパルミコートの効果とは】

 

小児喘息のお薬として利用されることがあるパルミコートはステロイド吸入剤です。
ステロイドというと親御さんは副作用の心配をされる方が多いのですが、パルミコートに含まられるステロイド剤は微量で副作用が少なく効果が期待できるといわれています。

 

 

喘息発作時の予防薬として長期利用するものですし、毎日利用しますので、パルミコートの効果、副作用共にしっかり理解しておくことが必要です。

 

 

【パルミコートの効果とは】

 

ステロイドが含まれているので強い抗炎症作用があり気道の炎症を抑制し、過敏性を低下させるため発作を起こりにくくします。
こうした吸入剤の効果を利用して普段から小児喘息が起らないように、気道の炎症を抑制しておくことが大切です。

 

 

気管支が過敏になっている小児喘息のお子さんにとって、このお薬を予防として利用することで大きな発作を抑制できるのです。

 

スポンサーリンク

 

【パルミコートの副作用とはどんな症状?】

 

どんなお薬でも副作用がないというものはほとんどないといわれています。
小児喘息に利用されるパルミコートの場合、微量でもステロイドが配合されており、この成分によって起こる症状も少ないのですが報告されています。

 

 

嗄声(声がかすれる)、咽頭頭疼痛、咳、口腔カンジダ症、こうした報告があります。
このうちカンジダ症はステロイドがもつ免疫抑制により口の中にカビが繁殖する疾患です。

 

 

【稀な事、でも起るかもしれないということ】

 

パルミコートのこうした症状は稀な事ですが、起るかもしれない症状として理解しておきましょう。
このような症状が出るかもしれないと怖がり、小児喘息に効果があるお薬を利用しなくなる方が、大きな発作を抑制できず辛い思いをさせることになります。

 

 

お子さんの様子をよく観察し、副作用の症状がないかどうか見守りながら適切に利用していきましょう。

 

 

小児喘息に利用するバルミコートなどのお薬は医師の指示の元、しっかり利用することでお子さんの発作を軽減してくれます。
副作用などを怖がって利用をためらう保護者もいますが、知識を持っておくことでむやみに怖がる必要も無くなります。

 

スポンサーリンク