小児喘息の原因がストレスの場合の対処方法

小児喘息の原因がストレスの場合の対処方法

スポンサーリンク

 

小児喘息の原因の多くはダニやほこりなどのアレルゲンによって起こるといわれていますが、実はストレスが原因で発作が起こる事も少なくありません。
その対処方法をよく理解しておくことも重要な事です。

 

 

【小児喘息の原因は様々】

 

小児喘息の原因は様々で風が引き金になる事もありますし、肺炎やアレルギー、また気候の変化などから起きることもあります。
何か別の疾患がありそれから引き起こされることもありますが、ストレスが原因となって発作を起こすことも珍しくありません。

 

 

咳がなかなか止まらない、発作が起こる、こうした症状の原因がわからないという場合、小児喘息の要因がストレスではないかと考えられます。

 

 

【検査等を行ってその他の要因を除外する必要がある】

 

ただ発作が起こる事で要因を限定するのではなく、通常咳が長引く原因を検査などによってしっかりつかみ、その要因を一つずつ外していっても何ら理由がわからないという時にストレスが要因となっていると判断されます。

 

 

まずは発作の要因を掴み、様々な方法で対処していき、その上で対処方法を考えることが必要です。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスへの対処方法を考える】

 

小児喘息でストレスが要因となって症状が起る場合の対処方法としては、解消方法を考えることが必要です。
緊張に弱い子も多く幼稚園から小学校に上がる等生活環境が大きく変わる事等が要因となる事もあります。

 

 

家に帰ってきたら安心させてあげることが大切です。
お子さんが食事をしたりテレビを見ている時なるべく寄り添ってあげます。
一緒にいる時間を多くすることでお子さんの心はかなり安定します。

 

 

【発作の時にもまず安心させてあげること】

 

発作の時の対処方法としてはお薬を使ったり背中をとんとんと叩く等、小児喘息への対応をしっかり行います。

 

 

背中をさすり抱っこして楽な姿勢をとってあげると、症状がかなり和らぐ子もいます。
ただ吸引などで対処しても症状が治らない、顔が蒼白となっているという時には医師の指示を仰ぎ必要なら救急で病院へ行ってください。

 

 

小児喘息の発作が起きればお子さんは本当につらそうで、場合によっては救急搬送が必要になる事もあるので保護者の皆さんも不安を持っています。
ストレスなどが原因となることがわかっていれば、対処方法もしっかり考えることができるでしょう。

 

スポンサーリンク