小児喘息の治療にプールでのスイミングは有効?

小児喘息の治療にプールでのスイミングは有効?

スポンサーリンク

 

小児喘息のお子さんをお持ちの保護者の皆さんは、少しでも良くなるように、また症状が起きないように体を強く運動などを生活の中に取り入れようと考えています。
プールのスイミングは治療としても利用されています。

 

 

【小児喘息のお子さんにはスイミングが効果的】

 

治療の一環として医師等もすすめてくることが多いプールでのスイミング、小児喘息のお子さんにとっても疾患を持たないお子さんにも、肺機能を強くできる運動です。

 

 

スイミングは全身運動となるのでバランスよく筋肉がつきますし、有酸素運動なので心肺機能も向上し、小児喘息にも大人の喘息にもおすすめの治療となります。

 

 

【気管支の強化で喘息にも効果的な治療】

 

プールでのスイミングは気管支を強くしてくれます。
小児喘息の場合は、お子さんが成長し気管支も発達してくると次第に良くなっていくといわれていますが、水泳などを通じて気管支を強くする事で大きな発作の予防になるといわれています。

 

 

筋肉もしっかり使う有酸素運動を行うことは心肺機能を高め、体力をつけていくためにも重要な事です。

 

スポンサーリンク

 

【小児喘息にはストレスも大敵】

 

喘息の方はストレスをため込むと特異性IgE抗体というアレルギー抗体がつくられてしまいます。
ストレスも喘息にはよくないことなのです。

 

 

お子さんも様々なストレスを受けている現代、ストレスによる発作の予防も考えておくべきです。
水泳は思い切り筋肉を動かしますので、この運動がストレス発散につながり、喘息発作の予防になるといわれています。

 

 

【プールで水泳、体力がない子はちょっと考えて】

 

プールでスイミングすることで喘息の治療に効果的といわれますが、体力がないお子さんは一気にトレーニングを行うと疲労から発作を起こす可能性もあります。

 

 

少しずつお子さんの体力を考えながらプールでスイミングし、体力がある程度ついてきたら本格的に治療としてスイミングを行うといいでしょう。

 

 

小児喘息の治療にも有効とされるプールでのスイミングは、お子さんの体力向上にも最適です。
ただ喘息症状が悪化することもありますので、お子さんの状態をよく把握しトレーニング、治療に利用していくといいでしょう。

 

スポンサーリンク