小児喘息で咳・嘔吐する原因と対処方法

小児喘息で咳・嘔吐する原因と対処方法

スポンサーリンク

 

小児喘息では咳、嘔吐などが起る事があります。
子供の場合、風邪等から症状が原因となることもあるので甘くみずしっかり対処し必要であれば医療機関を受診することが必要です。

 

 

【喘息発作で苦しい時に嘔吐・・・体力が一気に消耗する】

 

喘息の発作はみている方がつらくなるほど苦しそうで、親御さんからすれば変わってあげたいと思うくらいです。
発作で息が苦しい時に嘔吐などの症状が起ればますます苦しく、また体力をかなり消耗します。

 

 

発作によって息苦しくなることはわかりますが、なぜ吐くという状態にまで陥ってしまうのか、まずそこを理解しておくべきです。

 

 

【大人と子供は嘔吐の原因が違う】

 

大人が喘息発作で食べ物が逆流したり痰がたまっているが嘔吐の原因となりますが、小児喘息で吐く原因は子どもの胃が成長途中ということもあり、反射的が原因で吐いてしまうようです。

 

 

咳こんだ勢いで吐くこともありますし、喘息以外、胃腸炎を併発している場合には激しく履くようになります。
痰が絡んでうまく出せないと反射によって吐くこともあります。

 

スポンサーリンク

 

【小児喘息で吐いてしまう場合の対処方法】

 

激しく咳き込んでいる時には痰が絡みやすくこれが嘔吐の原因となる事が多いので、小児喘息の発作が起こっている時には湿度に気を配ることが基本的な対処となります。

 

 

湿度が低いと気道が乾燥し咳が出やすくなるので加湿器を利用したり、室内に洗濯物を干す等して対処します。
お子さんには無理のないようにスポーツ飲料や麦茶など水分補給を行い脱水を予防します。
嘔吐している時にはスプーンなどで少しずつ飲ませる対処をおこなえばむせにくくなります。

 

 

【小児喘息で咳がかなりひどい時には】

 

小児喘息発作で咳がかなりひどく出ている時には、枕を高くしたりクッションを置いて背中が真っすぐにならないようにすると楽になります。

 

 

寝ている時に吐くこともあるのでビニール袋や新聞紙などを準備し、吐いてもいいようにしておきます。
体は吐しゃ物が詰まらないように体を横向きにすることも対処方法です。

 

 

小児喘息の発作が起きている時には咳もひどく嘔吐する子も多くなります。
咳がひどく履いたりすると親御さんはあわててしまうものですが、吐く原因の多くは反射といわれていますので落ち着いて対処しましょう。
もちろん他の原因も考えられますので医療機関も受診してください。

 

スポンサーリンク