発作レベルで決まる?小児喘息の入院基準と治療方法

発作レベルで決まる?小児喘息の入院基準と治療方法

スポンサーリンク

 

小児喘息はたいていの場合軽症のうちにおさまりますが、中には入院による治療方法が検討されることがあります。
小児喘息の場合、発作のレベルで入院基準が決まるのでしょうか。
詳細な入院基準と入院後の治療方法についてまとめました。

 

 

【まずは発作に注目!小児喘息の入院基準と治療方法】

 

 

小児喘息の入院基準は、発作の重症度によってきめられています。
具体的には発作レベルが中程度以上であれば入院が検討されるレベルであり、家庭での治療方法が見つかりにくいと言われています。
中程度の発作というと、夜間に何度も息苦しくなる、まともに歩けないほどせき込む、などの症状が該当し、このレベルでは日常生活でも喘息の症状がはっきりと表れてくると思われます。
現行の入院基準では肺炎などの疾患が合併している場合も入院が相当であると判断されることが多く、より重症のケースでは集中治療室での治療が検討される場合があります。
入院期間はおよそ3週間程度で、費用は大部屋の場合で20万円程度と言われています。

 

スポンサーリンク

 

【家庭で試せる小児喘息の治療方法】

 

 

最近の流れとしては、患者の学業などへの影響を考慮し、かつてであれば入院基準に該当する小児喘息であっても家庭でのコントロールが推奨されるようになってきています。
また、一度入院した場合でもその後は家庭での症状のコントロールが肝心となり、日常的に無理なく行えるケアの方法を確立しなくてはなりません。
家庭で行える治療としては吸入器による発作のコントロールのほか、日頃の食生活によって発作を起きにくくするメソッドなどが研究されており、アプローチは多岐にわたっています。

 

 

小児喘息の入院基準はいたってシンプルで、基本的には発作のレベルによって入院が必要であるかが判断されます。
しかしながら、入院基準を満たしている場合でも学業に著しい影響があり、なおかつ家庭での症状のコントロールが容易である場合には入院以外の治療方法が検討されるケースがあるようです。

 

スポンサーリンク