小児喘息は大人でも再発する?

小児喘息は大人でも再発する?

スポンサーリンク

 

小児喘息は決して、子どものうちだけの症状ではありません。
むしろ、大人であって小児喘息が再発するケースが多く、その場合は子どもの時以上に重症化しやすくなると言われています。
小児喘息が大人になって再発するメカニズムと対処法についてまとめました。

 

 

【ビジネスパーソン必見!スモハラの典型的な対処法】

 

 

小児喘息が大人になって再発する原因とされているのが職場での受動喫煙(スモハラ)です。
スモハラをさけ、喘息から身を守る上で重要なことは、決して上司に遠慮しないことです。
一度でも喫煙の誘いに乗ってしまったら、上司はあなたがタバコ愛好家だと思って、2回、3回喫煙を勧めます。
もしもタバコを吸うのが得意でない場合は、最初の段階で毅然とした態度をとり、喫煙する気がないことを明確に述べましょう。
小児喘息を過去に患っている場合は再発のリスクを根気よく説明し、喘息について深く理解してもらうことも有意義かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【小児喘息以外に再発リスクが高い病気】

 

 

小児喘息が大人になって重症化するリスクが高いのは、自己免疫疾患であるからです。
咽喉の粘膜の過剰反応によって引き起こされる喘息は原理としてはシックハウス症候群などと同じであり、反応が繰り返し引き起こされるほど症状が重くなりやすいという特徴があります。
大人になって再発した喘息は咽喉の粘膜が充分すぎるほど過敏になっているため、免疫反応も過剰なものになり、結果として重症化してしまうケースが多いようです。
喘息以外に大人になってからかかると重症化しやすい疾患としてははしかやおたふくかぜなどがあり、いずれも子どものうちに予防接種を受けることが推奨されています。

 

 

喘息が子どものうちに治ったからといって安心していると、大人になってから思わぬタイミングで重症化することがあります。
とくに職場での受動喫煙によって再発リスクが高まることが知られており、過去に喘息を患った方は注意する必要があります。

 

スポンサーリンク