小児喘息が再発する原因とその確率

小児喘息が再発する原因とその確率

スポンサーリンク

 

重症化しやすいとも言われる小児喘息。
ここでは主に再発の原因となる受動喫煙にポイントを絞って、その対策をまとめました。

 

 

【小児喘息再発の確率を高める受動喫煙】

 

 

小児喘息において近年問題視されているのは家庭内の受動喫煙です。
副流煙の有害性はすでに数々の医学的研究で確かめられており、両親ともに喫煙者である家庭では子どもの喘息確率がきわめて高くなると言われています。
受動喫煙はビジネスでは主に上司と部下の関係で発生するケースが多く、パワハラの要素も深く関わっていると言われています。
喫煙したくなくても上司の印象を良くするために無理をしてタバコを吸い、昔患った小児喘息の原因となるケースもあります。
多くの場合、上司としてはたんなるコミュニケーションのつもりかもしれませんが、相手が過去に小児喘息を患っていた場合、命さえもうばう原因になりかねないことを強く意識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【禁煙補助アイテムで、子どもの喘息再発確率を減らす!】

 

 

小児喘息の再発を防ぐうえではまず、両親からの受動喫煙に目をくばる必要があります。
つまり、両親が禁煙に踏み切ってはじめて子どもの喘息再発確率を減らすことができるわけで、根本的な原因をとりのぞくことなしに再発の防止はあり得ません。
「禁煙補助アイテム」は文字通り、禁煙を助けるために開発された商品であり、禁煙に成功しない原因を研究しつくされたうえでつくられた喫煙者の強い味方です。
禁煙に導く方法は製品によって異なりますが、原則は簡単です。
ニコチンは、日本で販売されている禁煙補助アイテムには含まれていません。
つまり、電子タバコなどで吸っているのは無害な煙だけなのです。
ほぼ水上機ともいえる煙だけを味わっている間、喫煙者は徐々にニコチンを必要としない体に変わります。
家庭内での受動喫煙をなくすことができれば、子どもの喘息の主要な原因がとりのぞかれたことになり、症状の再発確率もゼロに近づけることができます。

 

 

家庭での受動喫煙に注意するだけでも、小児喘息再発の確率はぐんと下がります。
喘息を引き起こす原因は受動喫煙以外にもいくつか指摘されており、ひとつひとつの原因を探り、確率をゼロに近づけていきましょう。

 

スポンサーリンク