喘息の重症度をチェックするための方法

喘息の重症度をチェックするための方法

スポンサーリンク

 

喘息になると気道の筋肉が収縮して咳が出たり、痰がからんだりしてしまいます。
またこれらを含めた症状も重症度が異なっています。
喘息の症状の度合いを調べるためにはどのようにした方法を使ったらいいのでしょうか。

 

 

【調べる方法でわかる中程度までの喘息の度合い】

 

喘息の症状は個人によって大きく異なっていますが、中程度までの重症度のチェックの方法については3段階に分けて見るとわかりやすいかと思われます。
まず最も軽い重症度のチェックですが、年に数回程度で季節によって咳が起こったり、軽度の喘鳴が生じるのが間欠型となっています。
その次に重い重症度のチェックですが、軽傷持続型で、咳や喘鳴が月に1回、また週に1回未満程度がこの型で起こる症状となります。
また日常生活では大きく支障は起こりにくいものです。

 

 

中程度の重症度になるとチェックとしては咳や軽度の喘鳴が週に1回以上であるかどうか、ただ毎日起こることは少ないかどうかです。
ただ発作が大きくなることもあり、その際には日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。
これら3段階が中程度までとなっており、自分の症状と合わせてチェック方法で調べてみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【区分けによる方法でわかる最も重い重症度】

 

喘息の症状で重い症状のチェックとしては先ず重症持続型があります。
これは咳や軽度の喘鳴が毎日起こるような症状です。
週に数回発作が起き、日常生活で支障をきたしてしまうことがあり、睡眠障害を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

最も重症度が高いのが最重度持続型ですが、これは治療を病院で行っていても症状が持続してしまうというタイプです。
細かくチェックすることなくわかりやすいほど重いのがこのタイプになります。
また特に重い場合には入院をするようなケースも見られます。
チェックの方法によって最も重症度が高いこのタイプでは入退院を繰り返すような方もいて非常に深刻です。

 

 

喘息の症状は状態によって段階に分けられるのですが、分ける方法によって日常生活に支障をきたさないようなタイプから入退院を繰り返すような深刻なタイプまで分けられます。
単に喘息といっても症状の度合いは異なっているものです。

 

スポンサーリンク