薬がない時の喘息の発作時の対処方法

薬がない時の喘息の発作時の対処方法

スポンサーリンク

 

たばこやチリといった日常生活の中で多くみられるものが原因で喘息で咳などの発作を引き起こしたりしますが、この時に薬がないと慌ててしまうものです。
冷静に対処するためにはどういった方法を採っていけばいいのでしょうか。

 

 

【姿勢を変えてみるという対処方法】

 

喘息は気道がチリやホコリなどによって炎症を起こして狭くなることで起こったりしますが、それ以外にも原因があります。
まず発作に対する薬がない時の簡単な対処方法として姿勢を正したり、場合によっては横なってみると呼吸がスムーズになって咳などの発作を抑えることができる場合も多くあります。
喘息による咳などの発作が激しく出た場合には、薬がない時はまず姿勢を変えるという対処方法を実践してみてください。

 

 

運動などによって症状が出る場合もありますが、この時も運動を一時的にストップし、姿勢を正したり横になるなどといった対処方法を採って行ってみてください。
喘息の症状を持っている方は薬がない時は運動もハードなものはできるだけ控えるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【水分の補給という対処方法も有効】

 

喘息時には痰や咳などの発作が出たりするものですが、薬がない時は呼吸を楽にしたり痰が出やすくなるように水分補給をするという対処方法もお勧めです。
スポーツドリンクには糖質が含まれています。
糖質には保湿効果があるのでのどを適度に潤すという効果が期待できます。
そのため喘息時の発作を軽減させるため、薬がない時のの対処方法として積極的に取り入れたいものです。

 

 

カフェインは交感神経に作用し、リラックスさせてくれる効果を持っています。
そのため喘息の発作が起こっているときにも有効です。
喘息を持っている方は薬がない場合にはカフェインが含まれているコーヒーや紅茶などをゆっくりと飲んでみるといいでしょう。

 

 

喘息の薬がない時に発作が出ると混乱してしまうことがありますが、まずは冷静になるためにも姿勢をよくしたり場合によっては横になって呼吸がしやすい態勢になってみることが大切です。
また水分補給も有効です。

 

スポンサーリンク