気管支喘息の薬であるメジコンの効果と副作用

気管支喘息の薬であるメジコンの効果と副作用

スポンサーリンク

 

気管支喘息とは、気道が炎症を起こした状態であり、辛い咳や息苦しさ、喘鳴、呼吸困難などを伴います。
幾つかの治療法や薬がありますが、ここでは気管支喘息の時に使用されるメジコンの効果や副作用などについて、ご説明します。

 

 

【メジコンとは】

 

1955年から発売されており、鎮咳薬になります。
気管支喘息の他にも咳が出る疾患は数多くあり、現在でも気管支喘息を始め、様々な疾患に使用されています。
メジコンは非麻薬性に属しており、耐性や依存性、副作用が少ないです。
また、確かな効果と実績がある薬なので、安心して使用できます。

 

 

【メジコンの効果】

 

急性気管支炎や慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、気管支喘息など、咳を生じる疾患に対して有効とされています。
咳が出る事によって気管を傷つけてしまう恐れがある場合は、咳を止めなければいけません。
この薬は、咳中枢を抑制して咳を鎮めてくれる効果があります。
また、メジコンには錠剤、散剤、配合シロップとあります。
その中でも配合シロップにはクレゾールスルホン酸カリウムが含まれており、咳を鎮める以外に気道の粘液の分泌を促して痰を出しやすくすると言う効果もあります。
ですから、気管支喘息などで症状が辛い時などは、とても有効であります。

 

スポンサーリンク

 

【メジコンの副作用】

 

主な副作用には、吐き気、下痢、食欲不振、軟便、蕁麻疹、発疹などがあります。
また、まれに呼吸抑制の初期症状として、息苦しさや息切れ、頭痛、アナフィラキシーショックの初期症状として、息苦しさや蕁麻疹、眼や口唇のまわりの腫れなどの副作用もあります。
これらの症状が出た場合はすぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談して下さい。
上記以外で気になる症状が出た場合も同様に、医師などに確認してください。

 

 

【注意点】

 

主にパーキンソン病に用いられているMAO阻害薬を服用している場合は、メジコンを服用する事はできません。
併用によって痙攣や反射亢進、異常高熱、昏睡などの重篤な症状が出る恐れがあるからです。
その他、代謝酵素に影響を与える薬との併用にも注意が必要です。
また、授乳中は特に問題ありませんが、妊娠中は出来るだけ控える事となっているので、医師に確認してください。

 

 

気管支喘息に効果のある薬は多数ありますが、副作用や制限があるので、十分注意が必要です。
もちろん、効果や副作用の出方はや程度は人によって異なります。
心配な人は医師に相談し、様子を見ながら始めましょう。

 

スポンサーリンク