気管支喘息の症状なのかチェック項目で確認

気管支喘息の症状なのかチェック項目で確認

スポンサーリンク

 

気管支喘息は発作が起きるとても怖い病気であり、ゼーゼー、ヒューヒューと言う呼吸音が特徴です。
これ以外にもいくつか特徴がありますので、症状から見て気管支喘息かどうか確かめる為に、チェック項目で確認してみましょう。

 

 

【代表的なチェック項目】

 

気管支喘息の代表的なチェック項目は、急に苦しくなりヒューヒュー、ゼーゼーと言った呼吸をする、夜中から朝方にかけてヒューヒュー、ゼーゼーと言った咳や呼吸をする、花粉症やアレルギー性鼻炎になったことがある、あるいは現在患っている、です。
これらのチェック項目に当てはまる場合は、気管支喘息の疑いがあります。
チェック項目に一つでも当てはまる場合は受診して下さい。

 

 

【その他のチェック項目】

 

痰が絡む、タバコの煙や冷たい空気を吸い込むと咳が出る、風邪をひくとすぐに咳込むなどもあります。
あくまでも気管支喘息の特徴的な症状に対する一般的なけいこうではありますが、これらのチェック項目に当てはまった場合、また、これ以外にも気になる症状がある場合は、医師に確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【症状は大人と子供で異なる】

 

気管支喘息の症状は大人も子供もほとんど同じですが、若干異なる点があります。
大人の場合、非アトピー型喘息がほとんどですが風邪や気管支炎、喫煙、ストレスによるものも多いです。
気管支喘息の症状に加えて発熱や倦怠感、喫煙やストレスにより更に悪化させる場合があります。
子供の場合、アトピー型喘息が90パーセント以上を占めており、これはダニやカビ、花粉、ハウスダスなどトが原因となります。
肺が成長するとともに症状も無くなる事が多いです。
症状は両者ともあまり違いはありませんが、重症度や進行具合にあ違いがあります。

 

 

【治療方法】

 

長期間持続する病気であり、完治するのが難しい病気でもあります。
大人の場合は一生付き合わなければいけない場合も多くありますが、適切な処置をすれば症状を抑える事が出来ます。
抗炎症薬や気管支拡張薬、抗アレルギー薬などの薬物による治療を行います。
ストレスを溜めない事も重要ですので規則正しい生活を心掛けて下さい。

 

 

気管支喘息は薬治療でコントロールする事が可能ですが、日常生活でも小まめに掃除をしたり、タバコやお酒、その他の刺激物を控える、ストレスを溜めないなどの努力も必要です。
チェック項目を確認して疑いがあれば、早めに受診して下さい。
早期発見、早期治療で重症化する事を防げます。

 

スポンサーリンク