喘鳴なしの息苦しい気管支喘息の原因と対処

喘鳴なしの息苦しい気管支喘息の原因と対処

スポンサーリンク

 

気管支喘息になると自覚症状としてヒューヒューという音が聞こえますが、喘鳴なしのケースも実はあるものなのです。
そのため喘息だと思わない方もいるものですが息苦しい状態は同じです。
この症状が起こる原因と対処はどういったものなのでしょうか。

 

 

【喘鳴なしの気管支喘息の原因】

 

気管支喘息になると自覚症状としてゼーゼーといった音やヒューヒューといった音が聞こえるのが一般的です。
また病院での診察でもこの音が喘息の判断の基準となることが多いものです。
しかし場合によっては喘鳴なしで息苦しいというケースというのも実際にはあるものなのです。
本人にも聞こえないため、気管支喘息と気づかないこともありますが、実際にはあり得ることです。

 

 

息苦しくなる気管支喘息はチリやダニなどを吸いこむことで症状が出たり、運動やストレスが原因で起こることもありますが、喘鳴なしで息苦しい気管支喘息になることもあります。
喘鳴なしのケースでも原因はやはりアレルギーや運動、ストレスなどによるものです。
そのため対処方法も同じとなります。
いずれにしても正しい対処方法を知っておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【喘鳴なしで息苦しい気管支喘息の対処方法】

 

辛い症状の喘鳴なしの気管支喘息ですが、この症状にならないようにしていくためには正しい対処方法を知っておく必要があります。
まずアレルギーが原因で起こりやす方はアレルゲンになるものを吸い込まないように環境を整えていくことが必要になります。
具体的な対処としては掃除を頻繁に行うことが基本となります。
また部屋に空気清浄機を設置してホコリなどのアレルゲンを吸引するようなアイテムを活用するのもいい対処の方法です。

 

 

息苦しい症状が出るような場合、正しい対処としてはマスクをしたり加湿器を置くなどして気管支が乾燥をして炎症が重くならないようにしていくことも必要です。
運動やストレスが原因で起こる場合には対処として適度に軽い運動を行い、ただハードな動きは控えるようにすることが大切です。

 

 

喘鳴なしで息苦しい喘息ですが、アレルゲンや運動、ストレスなど原因を知っていくことが重要になります。
また息苦しい状態が続くと体力を消耗してより症状が悪化するため、激しい運動は控えるようにしたいものです。

 

スポンサーリンク