症状から見て気管支炎なのかをチェック項目で確認

症状から見て気管支炎なのかをチェック項目で確認

スポンサーリンク

 

気管支炎は気管支の炎症が原因で発熱や咳、血痰が出るなどの症状があります。
放置しておくと命に関わる程危険なケースもあります。
チェック項目を確認して当てはまる項目が多ければ気管支炎の疑いがあるので、受診する事をおすすめします。

 

 

【気管支炎になりやすい人】

 

主に、免疫力が落ちている人や気管支が狭い人、タバコを吸っている人などがかかりやすいです。
症状の程度は人によって異なりますが、咳が止まらない、血痰がでる、発熱や頭痛、のどの痛みを訴える人がほとんどです。
咳と痰を繰り返しているは慢性化している可能性があります。
また、上記に当てはまる人、このような症状がある人も気管支炎の疑いがあるので早めに受診しましょう。

 

 

【チェック項目】

 

気管支炎のチェック項目を確認してみましょう。
まず代表的なのが、喉が痛い、咳が出る、徐々に咳がひどくなっている、痰が出るなどです。
軽度であっても注意が必要ですい。
その他のチェック項目では、黄色い膿のようなものが出る、熱がある、咳込むと胸が痛む、刺激性のガスを吸い込んだ、運動すると咳込む、冷たい空気を吸ったり乾燥した場所に行くと咳が出るなどです。
これらのチェック項目に自分がいくつ当てはまるか確認し、心配な人は一度医療機関へ相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【慢性化させない為に】

 

チェック項目を確認してみてもよくわからなくて不安に思っている人もいるでしょう。
また、チェック項目に当てはまるけど症状が軽度である人は受診せずに放置してしまっているのではないでしょうか。
大切なのは早期発見、早期受診です。
慢性化すると頻繁に息切れがしたり、咳がひどくて夜眠れなくなるなどストレスが溜まり、日常生活に支障をきたします。
気管支炎は軽度なうちに直す事が重要です。

 

 

【予防方法】

 

タバコを吸っているのであれば、禁煙をしましょう。
タバコに含まれるニコチンは気管支に強い刺激を与えます。
また、生活習慣が乱れていると免疫力が低下しますので、充分な睡眠をとり、栄養バランスの良い食事を摂るなど規則正しい生活を心掛けて下さい。
咳や痰などの症状がある場合は、炎症を抑え免疫力を高めてくれるはちみつや抗菌作用がある大根を積極的に食べましょう。

 

 

軽度であっても気管支炎の症状ある場合は早めに受診し、チェック項目に当てはまらい人も、今後気管支炎にならないように予防に努めて下さい。
症状が軽いからと言って放置しておく事は絶対にやめましょう。

 

スポンサーリンク