気管支炎が起きた時に使用するロキソニンの効果と副作用

気管支炎が起きた時に使用するロキソニンの効果と副作用

スポンサーリンク

 

気管支炎になると発熱や痛みを生じてしまうことが多くあります。
これらの症状は不快で辛いものですが、その際にロキソニンを使用することがあります。
このロキソニンの効果と副作用についてはしっかりと理解しておかなければなりません。

 

 

【ロキソニンの効果について】

 

この薬は病院でも気管支炎の処方薬としてよく出されますし、またドラッグストアで市販薬としても今では販売されています。
ロキソニンの効果についてですが、解熱作用があります。
気管支炎になると発熱を起こし、体力の低下を招いてしまいます。
また不快な症状でもあります。
そのためこの薬を飲むことで症状を和らげることができます。

 

 

解熱作用という効果の他には鎮痛作用という効果があります。
気管支炎になると咳を頻繁にしてしまうので気管支が炎症を起こし、痛みを生じてしまいます。
長期にわたって咳をすると痛みは非常に強く、とても辛いものです。
その際にこの薬を使用することで痛みを緩和することができます。
鎮痛剤としての効果は非常に強いため、効き目があり痛みには効果的だといえます。

 

スポンサーリンク

 

【ロキソニンの副作用】

 

気管支炎で使用するロキソニンの作用として解熱と鎮痛という点が顕著ですが、作用ばかりではなく副作用の点もしっかりと理解しておかなければなりません。
気管支炎の時に使用するこの薬の副作用としては胃痛が大きく挙げられます。
強い効果を持っている薬ではありますが、胃痛を引き起こしやすく、胃弱の方の場合胃もたれや胃の痛みを生じてしまうことがあります。
また数回服用した程度では痛みは生じない方でも継続的に使用することで胃痛の副作用が生じてしまうことがあります。

 

 

胃痛の副作用は辛いものですが、ただこの薬を継続して服用しなければならない方もいます。
そういった場合には副作用である胃痛の緩和のために胃薬を一緒に飲むと胃痛の症状には効き目があります。
日常的に胃が弱い方は特に胃薬を一緒に併用するといいでしょう。
その他の副作用についてはあまりありませんが、あまり継続的に使用すると効き目が感じられなくなってしまいます。

 

 

気管支炎で使用するロキソニンは強い効き目があり、特に咳が多くある時には痛みを和らげてくれます。
また痛みによるストレスも改善することがあります。
しかし胃痛も起こしやすいので、この点は十分に理解しておかなければなりません。

 

スポンサーリンク