エアコンのカビが原因で起こる気管支炎と対処方法

エアコンのカビが原因で起こる気管支炎と対処方法

スポンサーリンク

 

今では多くの家庭にあるエアコンですが、そこに発生するカビが原因で気管支炎を引き起こす場合があります。
この場合どういったことで起こり、またどのような対処方法を採っていけばいいのでしょうか。

 

 

【エアコンのカビが原因で起こる気管支炎】

 

気管支炎は気管支の部分に細菌が原因で炎症が起きるというものですが、エアコンから出てくる風に乗ってくるカビを吸いこむことが原因で気管支炎を引き起こすことがあるものです。
エアコンのカビはフィルターの定期的な掃除によって防ぐことができますが、それを怠っていたりすると気管支炎を引き起こしてしまうことがあります。

 

 

気管支炎は免疫力が低下していることで症状が起こりやすくなりますが、エアコンを過剰に使用することで免疫力が低下し、症状を起こしやすくなる場合もあります。
そのため設定温度に気を付けたりすることも必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【気管支炎を起こさないための対処方法】

 

エアコンのカビによる気管支炎を起こさないようにするための対処方法ですが、まずはエアコンのカビの掃除は頻繁に行うようにすることが大切です。
また免疫力の低下を防ぐことが重要な対処方法となります。
免疫力の低下が原因でこの症状は起こりやすくなりますが、設定する温度が低すぎると免疫力が低下してしまいます。
そのため夏場は冷たくしすぎないことが大切です。

 

 

冬場は乾燥が原因で症状を起こしやすくなりますが、エアコンは乾燥を起こしやすいものです。
そのため湿度を保つために加湿器を使用するのもいいでしょう。
また冬場は寒さによっても免疫力が低下してしまいます。
そのため体を温めるために衣類で寒さ対策をするのも対処方法としては適切です。

 

 

エアコンのカビが原因で起こる気管支炎の場合の対処方法で重要なのは定期的な掃除ですが、その対処方法だけではなく免疫力の低下を防ぐための対策も重要になってきます。
両方の対策によってこの症状を起こさないことができるのです。

 

スポンサーリンク