気管支炎向けのツムラの漢方薬と市販薬

気管支炎向けのツムラの漢方薬と市販薬

スポンサーリンク

 

気管支炎は細菌による感染症で、気管支に炎症を起こし、痰や咳を生じてしまうものです。
これに対する薬としてツムラの漢方薬や市販薬がありますが、どのような違いや特徴があるのでしょうか。

 

 

【気管支炎向けのツムラの漢方薬】

 

気管支炎になると気管支に白血球の死骸である痰を生じたり、それを体外に排出しようとする体の働きのために咳が出たりします。
これらの症状は体の自然な反応のためむやみに止める必要はありません。
しかし場合によっては症状の緩和を行う必要もあります。
この時に使用される薬としてツムラの漢方薬があります。
ツムラの薬はいろんな種類がありますが、そのツムラの漢方薬の中でも麦門冬湯は一般的な気管支炎向けの漢方薬です。

 

 

麦門冬湯の他には小青龍湯や柴朴湯というツムラの薬もあります。
いずれも気管支炎に対して効果がありますが、体力や症状の大きさによって使い分けていきます。
ただツムラを含め漢方薬は症状の緩和も穏やかなので大きく咳や痰を止めたりする効果は高くないものです。
そのため強い効果を期待する場合には一般薬を使用します。

 

スポンサーリンク

 

【気管支炎に効果的な一般的な薬】

 

気管支炎になった時にはドラッグストアで市販薬を購入することができます。
中には漢方もありますが、漢方以外の市販薬では鎮咳成分や去痰成分が配合されている商品があり、これらを使用して辛い症状を和らげていきます。
鎮咳成分や去痰成分を含む市販薬を使用することで気管支の状態も良くなりますし、体力の低下を防ぐことができます。

 

 

市販薬は一般的な症状の緩和に効果的ですが、市販薬で対応できないような重い症状も見られます。
こういった場合には市販薬の使用は控え、すぐに病院に行って受診をした方がいいでしょう。
また症状が出始めた時にはすぐに薬を使用するのではなく、少し様子を見ながら薬を使用していくことが大切です。

 

 

漢方は市販の一般的な薬に比べて症状の緩和は穏やかで優しいのが特徴ですが、ただ症状に対する効き目の点では一般的な薬の方が効果的だといえます。
自分の症状によって適切な品を選択することが大切です。

 

スポンサーリンク