気管支炎で緑の痰が出る原因とその対処方法

気管支炎で緑の痰が出る原因とその対処方法

スポンサーリンク

 

気管支炎になると痰が出ることが多いのですが、黄色ばかりではなく緑色のものが出てしまうこともあります。
この場合どういったことが原因で起こるのでしょうか。
またその際にはどのような対処方法があるのでしょうか。

 

 

【緑色の痰が出る原因とは】

 

気管支炎になると痰が出ることは多くあります。
それは気管支炎が細菌による感染症であり、その細菌と戦って死んだ白血球の残骸だからです。
ただ色については黄色が多いのですが、場合によってはグリーンの色のものが出てくることがあります。
意外にも思われるのでグリーンのものが出た際には不安になってしまうものです。

 

 

グリーンのものが出るのは緑膿菌と呼ばれる細菌による気管支炎が原因で起こるケースが多いものです。
緑膿菌は日和見菌と呼ばれ、健康な状態ではこの菌が原因で感染はしないものですが、体力が低下することが原因で感染し、気管支炎によってグリーンの痰が出ることがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【緑色の痰が出た時の対処方法】

 

気管支炎でグリーンの色のものが出た時にはどのようにして対処をしたらいいのでしょうか。
まずは症状が一度落ち着いた状態で去痰薬を使用することが一般的な対処方法になります。
これは痰が出やすくなる薬で、これによってスムーズな排出ができるようになります。
また鎮咳薬も同時に対処法として採用されます。
これは咳が出やすくなるもので、痰がスムーズに排出されるのを助けます。

 

 

これらの薬による気管支炎に対する対処方法は自宅でもできるもので、市販薬でも販売されています。
しかし症状が重くなるなど、一般の対処方法では対処できない場合は自分で対処することは避け、病院に行って治療を受けたほうがいいでしょう。
特に体力が低下した際には病院を選ぶようにしてください。

 

 

緑色の痰が出る気管支炎の症状は緑膿菌が主な原因となります。
あまり症状が重くない場合には市販薬を使用してもいいでしょう。
しかし他の原因も考えられる場合、また症状が重い場合は早めに病院で受診をすることが望ましいといえます。

 

スポンサーリンク