気管支拡張症 運動療法 効果

気管支拡張症に対する運動療法の効果

スポンサーリンク

気管支拡張症になってしまうと、気管支の機能が低下することになり、呼吸機能が低下するために、運動機能が低下してしまい、それによって運動筋の低下が引きおこされることになる場合があります。

 

このような場合には運動療法が効果を示す場合があります。
このサイトでは運動療法よる気管支拡張症に対する効果を紹介していきます。

 

 

【気管支拡張症による運動筋の低下】
気管支拡張症になってしまうと正常な呼吸機能が損なわれてしまうために、運動が制限されてしまって、それによって筋肉の萎縮などの問題が生じてきます。
このような場合には、有酸素運動が効果を示す場合があります。

 

呼吸訓練と有酸素運動を併用することによって、効率よく酸素を使って運動をすることが可能になってきます。
結果として、気管支拡張症であっても十分な運動を行うことができるようになりますので、筋肉の萎縮が起こりにくくなります。

 

もともと、呼吸機能が低下している人が行う運動療法ですので、自宅などで行うのは、危険を伴いますので、必ず専門の期間で両方を行うことが必要になります。
呼吸困難になってしまうのを避けるために重要です。
そして3か月程度の運動療法で大きな効果が得られるようになります。

 

スポンサーリンク

【気管支拡張症以外の他の疾患にも有効】
運動療法は気管支拡張症以外の疾患の場合にも効果的なものであると考えられます。
呼吸器に障害が出てしまいますと、運動が制限されることによって、体の衰えが顕著になってしまいます。

 

それを防止するために運動療法が大きな意味を持ってくることになります。
呼吸器の疾患による運動不足が心配な場合には担当のドクターに相談して運動療法を試みてもいいでしょう。

 

 

【まとめ】
気管支拡張による呼吸障害に起因する運動筋の萎縮は様々な問題を引き起こしてしまう可能性があります。
これに対しては速やかな運動療法が効果をもってきます。
3か月ほどで十分な効果がえられますので、比較的容易に実践可能なものであるといえます。

スポンサーリンク