気管支拡張症 喘息 違い 見分け方

気管支拡張症と喘息の違いと見分け方/似ている症状が起こります

スポンサーリンク

気管支拡張症は喘息と症状が似ていて紛らわしい疾患として知られています。
このサイトでは気管支拡張症と喘息の違いと見分け方を紹介していきます。

 

 

【気管支拡張症と喘息の違い】
喘息になってしまうと気管支に慢性的に炎症が起きた状態になってしまいます。
その炎症が気管支の機能を損ねてしまうことになりますが、一方で気管支拡張症も気管支の機能が低下した状態ですので、外見的には同じような症状が起きてしまいます。

 

気管支拡張症の場合の症状として顕著なものが咳・痰・喀血になります。
この症状は喘息の場合にもしばしばみられる症状ですので、一般の人にはその違いの見分け方は分かりにくいことが多いものです。

 

気管支拡張症も喘息もそのままにしておくと症状が悪化してしまいますので、速やかな対応が望まれます。
医療機関でどちらの疾患であるのかその違いを明確にしてもらうといいでしょう。

 

スポンサーリンク

【医療機関での見分け方】
医療機関で検査をしてもらえば、確実な見分け方によってそれぞれの疾患の可能性を診断してもらうことができるようになります。
見分け方は簡単です。

 

呼吸機能検査、CTやレントゲン検査、気管支鏡検査を行えば、2つも疾患の違いははっきりします。

 

気管支拡張症の場合には、根治は難しい疾患ですので症状をコントロールする治療法がとられます。
喘息の場合も同様です。

 

それぞれの疾患においてとられる治療法が異なってきますので、2つの疾患の違いをはっきりさせておくことが必要になります。
医学的な見分け方が一番信頼性の高いものになります。

 

 

【まとめ】
気管支拡張症と喘息の違いを認識して、それに対する適切な治療を行っていくことが症状を悪化させない有効な方法になります。
そのためには正しい見分け方を実践できる医療機関での検査が最適なものになってくると言えるでしょう。
同時に、自分の肺を普段から大事にして過ごすことによって、2つの疾患にならないように気を付けることも重要なことになります。

スポンサーリンク