気管支拡張症 漢方 効果

気管支拡張症に対する漢方薬の効果/本当に効き目はあるの?

スポンサーリンク

気管支拡張症に対して用いられる漢方薬が知られています。
気管支拡張症から来る様々な症状の緩和効果が知られていて多くの人が漢方薬を愛用しています。
このサイトでは気管支拡張症の症状緩和に用いられる漢方薬について紹介していきます。

 

 

【血痰に用いられる処方】
気管支拡張症全般に対しては肺の炎症を緩和する目的で、清肺湯が最初に使われます。
清肺湯には抗菌作用がありますので、抗生物質を使う量を減らすことが可能になります。
また、胃に負担をかけることも無いので、長期間に渡っての使用が可能になります。
多くの場合において効果が表れて来て症状が回復傾向に向かうものです。

 

更には気管支拡張症による血痰には芍薬、地黄、紫苑・阿膠などの止血作用のある生薬が配合された紅痰加減方と呼ばれる薬が用いられています。
気管支拡張によって喉の痛みや枯れが起きてしまう場合には百合固金湯が効果的になります。

 

スポンサーリンク

【効かない場合には?】
漢方薬が効かない場合もあります。
その場合には、体力的に症状を回復するためのパワーが欠如している場合もありますので、人参剤を用いて体力の回復に努めていきます。
体力が回復してしまえば、これまで効果を示さなかった漢方薬が気管支拡張症の様々な症状に効果を示すようになる事も考えられます。

 

意外と効果が出てくるまでに時間がかかる場合も考えられます。
漢方と現代医学は相補的な役割をもっていますので、現代医学の方法でうまく効果が出ない場合には漢方を逆の場合には現代医学を取り入れてみるといいでしょう。

 

しかしながら、素人ではどのように漢方薬と現代医学を併用していけばわからない場合も多いので、専門のドクターに相談してその指示のもとに併用していくといいでしょう。

 

 

【まとめ】
気管支拡張症に対して、漢方薬が大きな回復効果を示すことがありますので、症状に悩まされている方は、是非とも試してみるといいでしょう。
その効果に驚かされることになるかもしれませんね。

スポンサーリンク