気管支炎 症状 咳が出ない

気管支炎で咳が出ない症状/裏に潜む注意点

スポンサーリンク

呼吸器の病気である気管支炎は咳などが主な症状ですが、咳が出ないこともあります。
ここでは、咳が出ない気管支炎の症状にはどのようなものがあるのかを紹介します。

 

 

【気管支炎とは】
気管支炎は、文字どおりのどの気管支の炎症によって咳や痰などを引き起こす病気です。
急性の場合は、インフルエンザや風邪などがきっかけで起こることがあります。
通常、炎症が治まれば症状も軽くなっていきますが、3か月以上の咳が、毎年2年以上継続する場合は慢性と診断されます。
慢性タイプは高齢の男性によくみられ、タバコの煙や空気中の刺激物質を吸い込むことによっておこることが多いです。

 

 

【咳が出ない気管支炎】
気管支炎の主な症状は発熱や咳、食欲不振、全身の倦怠感、胸の不快感などがあげられます。
特に咳が代表的な症状ですが、中には咳が出ない場合もあります。
咳が出ないため自覚症状がなく、気が付かないうちに病気が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

 

咳が出ない症状の他には、のどの痛み、痰、肩こり、関節痛、腹痛、背中の痛みなどがあります。
これらが長引く場合は、早めに診療機関を受診するようにしてください。

 

スポンサーリンク

【放っておくと肺炎の可能性も】
気管支炎と風邪は症状が似ていて、かかり始めのうちは風邪と思いこんでしまうことも多いでしょう。
風邪の場合は1週間ほどで治ることが多いので、もしそれ以上長引くようであれば何らかの感染症を疑って病院へ行くことをお勧めします。

 

気管支炎は、そのまま放っておくと肺炎になってしまう可能性もある病気です。
咳が出ないと病気に気づきにくく、病気が進行してしまいがちです。
咳が出なくとも、呼吸が苦しかったり胸が痛んだりといった気になる異変を感じたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

 

【まとめ】
気管支炎は風邪の後に続いて起こることが多い病気です。
また、場合によっては咳などが出ず、病気に気づかずに肺炎など重大な病気へと進行してしまう可能性もあるため注意が必要です。
体に気がかりな症状が表れたらすぐに病院で見てもらうことが大拙です。

スポンサーリンク