気管支炎 症状 胸痛い 苦しい 対処

気管支炎で胸痛い症状で苦しい時の対処法

スポンサーリンク

主に咳などの症状が長引く気管支炎ですが、胸痛いという症状で苦しい思いをすることもあります。
ここでは、気管支炎で胸痛い症状が現れた時の注意点と、気管支炎にかかった時の対処法を紹介します。

 

 

【胸痛い・・・気管支炎とは】
胸の痛みは気管支炎が原因かもしれません。
気管支が炎症を起こしている状態を気管支炎といいます。
急性のタイプと慢性のタイプがあって、急性の場合はウイルス感染が原因です。
そのため、だれでもなってしまう可能性があるといえます。
風邪をひいた後などに、のどの炎症部位が広がると気管支炎に発展し、咳や痰が出るようになります。

 

 

【主な症状と原因と治療法】
細菌やウイルスが体の中に入って、炎症を起こします。
主な症状は発熱、咳、痰、食欲不振、全身の倦怠感、胸の不快感などが表れます。
症状が悪化して呼吸のしかたに異常が表れたり、激しく咳き込んで苦しいと感じたりしたら、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

ウイルスのほか、喫煙や大気汚染、刺激物質の吸引などによって、慢性気管支炎が引き起こされる場合もあります。

 

治療は対症療法が中心で、痰を効果的に出す去痰剤が処方されたり、細菌感染を防ぐ抗菌薬を使用して対処されます。
また予防策として、外から帰った時の手洗いうがいやたばこをやめるといったことが効果的です。

 

スポンサーリンク

【胸痛いときは要注意】
前述した症状のほかに、まれに胸痛いと感じる時もあります。
この痛みは激しく強い咳に寄ることも多いですが、気管支の炎症がさらに悪化して肺炎や肺気腫などの病気を併発している可能性もあります。
肺炎となると呼吸困難などの危険があるほか、金が血液を通して全身に回って命に関わってくる恐れもあります。

 

肺炎となると長期の入院も必要となってきます。
胸痛いと感じたら早めに医療機関を受診し、適切な対処を行うようにしましょう。

 

 

【苦しい咳を和らげる対処】
咳が長引くとのどが乾燥して苦しいので、水分でのどを潤すことが効果的です。
温かい紅茶にハチミツを入れたり、ほうじ茶に梅干を入れて飲むと、体を内側から温めて加湿効果も期待できます。

 

加湿器で室内の湿度を保つのも、のどの苦しい症状を抑えるのに効果的な対処となります。
ただし、湿度を過度に上げてしまうとカビや菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。

 

のどを鎮めるのに効果のある食べ物を食べるのも有効な対処法です。
例えば殺菌作用のある大根やレモン、玉ねぎ、レンコン等が、苦しいのどの状態を改善するのに効果が期待できます。

 

 

【まとめ】
気管支炎は風邪の後に続いて起こることが多い病気です。
特に胸痛いといった時は重大な病気のサインである場合もあるので、気になる症状があれば苦しい思いをする前に早めに病院へ行って適切な対処を行うよう心がけましょう。

スポンサーリンク