気管支炎 入院 期間

気管支炎の入院期間はどのくらい?

スポンサーリンク

気管支炎は子供から大人まで誰がなってもおかしくない病気となっていますが、それだけでなくきちんと治療を行わないと喘息などになることもある病気ですからまずは治療することが必要ですが、入院となるとどのくらいの期間が必要となるのかなど心配になるのも無理のないことです。

 

 

【気管支炎はどんな病気?】
気管支炎は、ウイルスや細菌などに感染してしまうことで起きる病気ですが、たばこなどの刺激物を吸い込むことで起きることもあります。

 

症状としては、関節痛や発熱、咳、痰といったものが一斉に出ることになります。
ただし、どのようなことが原因となっているのかによっても症状には違いも出てきますから他にも症状が出る可能性もあります。

 

怖いのは気管が炎症を起こしてしますことで気管支が狭くなってしまい呼吸困難などを起こしてしまう可能性があることです。

 

息苦しさなどを感じるようなら早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

【気管支炎の入院期間は?】
気管支炎の入院期間はだいたいということでは1週間程度の入院ということになりますが、それぞれの状態によって入院は違ってきますからかなり長引いてしまうということもあります。

 

少なくとも投薬治療を1週間程度は続ける必要がありますからそれ以上の入院になると考えておくことが必要です。

 

スポンサーリンク

【どのような治療を行うの?】
気管支炎では、どのような治療が必要となるのでしょうか。

 

基本的な治療となってくるのが抗生剤やステロイド投与となります。
状態によってはさらに必要な治療も出てきますが、治療は1週間程度続けることが必要となり、改善の仕方によってさらに長くなる可能性もあります。

 

早く治療を受けることができればそれだけ回復も早くなる可能性がありますからおかしいと感じるときには我慢せずに医療機関を受診することが大切です。

 

 

【気管支炎は我慢しないこと】
気管支炎は投薬治療を行うと同時に安静にして体を休めることも大切なことになります。
最初の内は咳や痰、発熱など風邪と似たような症状であるだけに大人の場合には特にがまんして仕事を続けたりすることもありますが、これでは症状を悪化させてしまうことになります。

 

 

当然ですが入院期間も長引くことが予想できます。
何よりも体を休めて回復させてあげることが必要ですから無理したり我慢したりすることなく必要な期間しっかり体を休めてあげることが大切です。

 

 

ひどくなってくると喘息などになる可能性もありますから、そういったことにならないためにあまり入院期間を気にしてしまうのではなく安静にすることが必要なことと考えることが大切です。

 

 

【まとめ】
気管支炎は決してめずらしい病気ということはないのですがひどくなると喘息なることもある病気ですから早めに治療を行って治すことが大切です。
入院期間など気になることもありますが、まずは治すことを考えましょう。

スポンサーリンク