気管支炎 発熱 期間

気管支炎の発熱期間はどれくらい?/完治、治療に要する日数の目安

スポンサーリンク

咳が出る、そしてそれが続くなと思い、風邪かと思って放置していたら、実は気管支炎だったということは十分にありえる話です。
もちろん、病院にいけば治療は出来るのですが、発熱があるとしんどいものです。
では、気管支炎による発熱の期間はどのくらいになるのでしょう。

 

 

【気管支炎による発熱の期間】
気管支炎になると、発熱もついてくるケースが多いのですが、これは、気管支炎を起こしている原因であるウイルス、あるいは細菌によるところが大きいです。
気管支炎になる原因を持っているウイルスや細菌はたくさんありますから、病院で検査を受けないと分からないのですが、検査により原因が判明すれば、どのくらい発熱の期間が続くかが分かるでしょう。

 

 

【どのくらい続くのか】
発熱に繋がるのは、たとえば高い熱であれば風邪、インフルエンザウイルスなどが考えられます。
こうしたものが気管支炎の原因になっているならば、それだけの日数を要することになります。
軽い微熱程度のものならば、数日で終わりますし、インフルエンザのようなものの場合だと、数日から1週間程度かかるケースだってあるのです。

 

スポンサーリンク

【危険な病気が潜んでいるかも】
気管支炎は可能性として上記のような病気の原因となるウイルスや細菌が起こしているケースが多いわけですが、発熱の症状以外に気をつけたところがあります。
発熱期間によって、風邪やインフルエンザなどの見分けがつくわけですが、それ以外にも、疲労感や胸の痛みが感じられた場合は肺結核や胸膜炎などが疑われます。

 

そして、咳の期間が長引くという場合には肺がんが疑われるケースもあるのです。
息切れがするという場合には肺気腫の可能性もあります。
咳をしたら旨がいたい、あるいは呼吸困難を感じるという場合は、自然気胸などが疑われるのです。

 

 

【まとめ】
気管支炎は発熱をはじめとした症状が一定期間続くことが多いのが特徴です。
原因はとにかくたくさんありますから、何が原因か分からない場合、あるいは何らかの症状が期間的に長引くならば、素直に病院へ行き診察を受けることを心がけて欲しいものです。

スポンサーリンク