気管支炎 症状 ゼーゼー ヒューヒュー

気管支炎のゼーゼーやヒューヒューの症状の注意点/他の病気かも?

スポンサーリンク

呼吸をしたとき、ゼーゼー、あるいはヒューヒューと音がすることはないでしょうか。
もしもゼーゼー、ヒューヒューが出たのならば、何かしらの病気を疑う余地があります。
やはり真っ先に思い浮かぶのは喘息だと思われますが、それ以外にはどのような病気があるのでしょう。

 

 

【慢性気管支炎】
慢性気管支炎は、気管支が狭くなる病気です。
症状は初期は大きく出ないのですが、症状が進むとゼーゼー、あるいはヒューヒューといった呼吸が出ることがあります。
そもそも、ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸音は、明らかに通常の音とは異なるため、それが出た時点で何かしらの病気を疑う必要性があるのです。

 

 

【呼吸器系の病気を疑う】
気管支炎以外にも、ゼーゼーやヒューヒューという呼吸音がある場合には、呼吸器系の病気を疑うことが必要になります。
たとえば、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症という病気もあります。
lこれは、全身の血管に炎症が起こり、皮膚や筋肉、それに内臓の障害が見られる病気なのです。
こうした病気に犯されると、やはり呼吸音がゼーゼー、ヒューヒューすることがあるのです。

 

スポンサーリンク

【肺がんも疑われる】
気管支炎が身近な病気として知られているわけですが、それ以外の病気としては肺がんが予想されます。
咳や痰の症状が出ますし、それに血が混じったりすることもあります。
そして、肺がんは進行すると肺炎を起こしてしまい、発熱や呼吸困難になる可能性もあるのです。
症状に対して効かないと思ったら、すぐに病院に行きましょう。

 

 

【呼吸音が気になったら】
ゼーゼー、ヒューヒューと言う呼吸音の症状が自分でも確認できたら、その時点である程度気管支炎などの病が進行している可能性があります。
ですから、気になる症状だなと思ったら、すぐにでも病院に駆け込むべきです。
同時に、咳や呼吸困難などの症状が起こった場合には更に治療が細かくなり、薬も薬剤が起こるかもしれなせんから、注意が必要です。

 

 

【まとめ】
気管支炎はもちろん、さまざまな病気で呼吸音が変わる可能性があることが分かったと思います。
ですから、早期発見のためにも定期的に病院にいって気管支炎の検査をすることは欠かさないようにしたいものです。

スポンサーリンク