気管支拡張症 胸の痛み 治療

気管支拡張症の胸の痛みと治療について

スポンサーリンク

気管支拡張症と呼ばれる病気があります。
これは、胸の痛みなどが出る病気として知られていうわけですが、その他にはどのような症状が見られるのでしょう。
そして、原因や治療についてはどのようになっているのでしょうか。

 

 

【気管支拡張症とは】
この病気は、何かしらの原因があって気管支に炎症が起こり、気管支が拡張してしまっている状態のことを言うのです。
気管支が拡張されていますから、炎症が強くなると吐血、血痰、胸の痛みなども見られるようになるのです。
こうなると胸の痛みなどが出てしまいます。

 

気管支拡張症の症状が進んでしまうと、壊された部分から細菌感染が進んでしまい、さらに、この病気の症状が進んでしまうと言われているのです。
肺炎になってしまう可能性もあり、胸の痛みも更に出てしまいます。

 

更に、呼吸の異常音が出ることもあるのです。
胸の痛みなどの自覚症状はこちらにはないため、検査や治療をしたときに発見されるケースも多いのです。

 

スポンサーリンク

【気管支拡張症の原因とは】
気管支拡張症の原因は、感染症や先天性疾患などが考えられます。
感染症に関してですが、小さな子供の場合は細菌感染が起こることによって気管支拡張症状になるケースが見受けられます。
やはり胸の痛みも出ます。
青年期や成人の場合だと、びまん性汎細気管支炎が主な原因になるケースが考えられます。
先天性疾患の場合は、気管支拡張症を先天的に持っているわけではなく、遺伝的疾患や解剖学的疾患によって発症する可能性が高くなっているのです。

 

 

【気管支拡張症の治療について】
呼吸困難による胸の痛み、それに痰の排出を優先する治療が行われるのです。
そのために吸引療法、それに痰を取るための薬が処方されるのです。
細菌感染が原因となった場合には、抗菌剤の処方による治療があります。

 

 

【まとめ】
気管支拡張症の治療についてですが、この病気で一度気管支が拡張したら、元に戻ることはありません。
ですから、そこが細菌の住処になる可能性がありますから十分に気をつけることが大事です。
そして、早期の治療がとても大事となるのです。

スポンサーリンク