子供 気管支炎 薬 飲まない 対処

子供が気管支炎の薬を飲まない時の対処

スポンサーリンク

子供は薬をなかなか飲んでくれないものです。
気管支炎は苦しいものですが、その状況にあっても、好き嫌いで薬を飲まないこともあるのです。
では、気管支炎のようなつらい状況の子供に薬を飲んでもらいたいと思ったときはどのような対処をしたらよいのでしょう。

 

 

【なぜ薬を飲んでくれないかを知る】
気管支炎は大人でも時には厳しい症状が出ます。
子供であってもそれは同じなのですが、それでも嫌がって薬を飲んでくれないケースがあるわけです。
薬を飲んだら楽になれると言っても飲んでもらえないケースだってあります。
その場合は、まずなぜ飲んでくれないかを知ることが大事です。
それによって、思ったよりも間単に飲んでもらえる可能性が出てくるのです。

 

 

【子供が気管支炎の薬を飲まない理由】
子供の頃の気持ちを考えてみると、色々と理由が出てきます。
その中でも大きな理由はやはりおいしくないということが考えられます。
そもそも、気管支炎の薬に限らず苦いものが多いです。

 

口に含んだだけでも子供には刺激が強いものが多いのです。
ですから、飲みたくないということが多いわけです。
では、飲まないときの対処はどうしたらよいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【どのような対処を取ればよいか】
対処方法についてですが、これは市販されているようなオブラートを使ってあげるのが良いかもしれません。
錠剤タイプのものであれば、これに包むことによって苦さを軽減させることが出来ます。
もしも粉タイプのもので、苦いし飲み込めないという場合でも、オブラートを使えば簡単に飲ませることが出来るはずです。

 

どうしても飲まないということであれば、病院に相談をして子供でも飲むことが出来る薬に変えてもらうと良いでしょう。
気管支炎になると、やはり辛いですし、ちゃんと飲ませるものは飲ませておいた方が良いのです。

 

飲まないときの対処はこのような感じで良いでしょう。
あまりにも飲まないからと言って、対処しないのは良くはありません。

 

 

【まとめ】
気管支炎は放置しておくと、時に大変な事態を招いてしまう可能性があります。
子供は体が弱いですから、何が起こっても不思議ではありません。
ですから、それを避けるためにもしっかりと飲まないときの対処法は確保しておきたいものです。

スポンサーリンク