気管支炎 授乳中 薬

授乳中に気管支炎の薬を飲むと影響はあるの?/母乳に出てしまう?

スポンサーリンク

授乳中にはなるべく体調は崩したくはないですよね。
たとえば気管支炎になると薬が必要になりますが、やはり授乳中ということで気管支炎でも薬は避けたいと思うでしょう。
では、授乳中の場合、市販の薬を飲んでも良いのでしょうか?

 

 

【気管支炎と薬について】
そもそ、気管支炎は一度かかってしまうとなかなかに大変な病気です。
ですから、薬を飲みたいと思うことでしょう。
やはり症状は早めに改善させてしまいたいところもあると思います。
そのようなときには薬が必要になるでしょうが、ここで気になる点はやはり母乳への影響でしょう。

 

 

【母乳が赤ちゃんに影響があるかどうか】
母乳の主成分は実は血液です。
薬を服用することで、血液にその成分が混ざり、母乳に影響を与えてしまいます。
ですから、成分によって、赤ちゃんに対して悪影響が出る可能性があるとしています。
ただ、気管支炎のものについては科学的には裏づけをすることが難しいといわれているのです。

 

スポンサーリンク

【どの程度の影響があるのか】
気管支炎の薬に限らず、多くの種類は母乳中に移行するのですが、量としてはとても少ないといわれています。
ですから、実際のところは体のどこに作用するのかというのは分かっていないところがあるのです。
そして、身体に影響を及ぼすものは少ないとも言われているわけです。

 

ですから、授乳中でも飲むことに関しては問題はないと考えられるところもあるのです。

 

 

【どの薬が良いのか】
授乳中に気管支炎になった場合、飲むことが出来るものは数が多いです。

 

ただし、市販のものに関しては安易に選ばないほうが良いところはあります。
授乳中に気管支炎になった場合は、おとなしく病院に行って医師の指示に従った方が良いでしょう。

 

 

【まとめ】
気管支炎は放置しておくと面倒なことになる可能性が高いです。
授乳中だから・・・と心配するのならば、治療の段階で病院の医師にきちんと話を聞いておくことをお勧めしますし、必要に応じて処方を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク